【タバコを吸っていると得をする話】 世の中はタバコはダメという話が多いですね、 タバコ吸いには特に得となることもあるんです。それがこれ!

随分前に近所のおじいさんがよく僕にたばこを吸いながら話をしてくれました。
タバコ吸いって、良いんだよね、だって仕事をしている時にタバコを吸うからといって一休みしていると誰も文句は言わないが、ただ一休みすると言って座っていると、あいつは仕事をさぼっていると見られる。
という事も時々話をしていました。たしかに一理はあるでしょうね。ただ座ってると上司からは、遊んでいなくて早く仕事をしろ、と言われそうです。

物理的には、喫煙の体への害のことを考えなければ、そうかもしれません。
しかし最近話題になっているのが、タバコ吸いはタバコ吸うと言って仕事の途中で休んでしまうという苦言です。
我々のように長い人生を送っていると、 以前は多くのタバコ吸いを見てきましたので、まあそんなもんかなと思っていましたが、これからの時代、タバコを吸う方が少なくなるとタバコを吸うところを見ない人も多く出てくるのではないでしょうか。


そうするとそういう人たちから見ると、タバコ吸いがちょっとタバコと言って腰を下ろしてタバコを吸っているとサボっていると見えるんでしょうね。
確かにその通りだと思いますね。
まあ、タバコは吸わないに越したことはないですが、年配の方で昔からタバコを吸っていてなかなかやめられないとか、それと水商売に多く見えるお姉さんのタバコ吸い。彼らはよくタバコを吸っていますよね。


私の見解ですが、若い娘さんのタバコ吸いはあまり格好は良くありません。水商売だからといってもタバコは吸わない方がとてもかっこいいです。
今までタバコを吸ったことがない方々は、タバコは麻薬と同じで癖になりますから絶対に手は出さない方が良いと思います。軽い気持ちで手を出さないように。
最近では一般的には見えないかもしれませんが、日本人でもある程度のレベルの上の人から、タバコを吸っている人をみるとそれらの人たちはレベルを下に見るようですから注意した方がいいですね。
結論的には煙草吸いは体には良くないし、お金もかかるし、よって利点は何もないようです。と、私は思います。

【やめられないタバコの話】私は随分前にタバコをやめました。しかしタバコをやめたくてもやめられなくなってる人がたくさんいますね。それはですね。





かって何年か前まで私も、そこそこタバコを吸っていました。やっぱりタバコは体に良くないということでやめようやめようと思いながら、なかなか止められなかった記憶があります。

一度は風邪を引いて40度近い熱が出て病院入院することになりました。3日ぐらいだってふと気がついてみたらタバコを吸ってないことに気がつきました。

そこでまずタバコをやめました。ところがタバコ吸いの意地汚さか、隣でタバコを吸っていた友人から一本もらって吸ったら禁煙ももう終わりで、また吸い始めてしまいました。

それから我慢しきれなくなり、またその前と同様に吸い始めてしまいました。

しかしなぜか自分の気持ちではタバコをやめようやめようと思っているので、タバコを吸い始めるとなんだか胃の調子が悪くなるんですよ。

調子が悪くなるのでここでタバコをやめよう、ときっぱりと目の前からタバコを置かないようにするのですが、でも時間と共にまたタバコが吸いたくなり、吸ってしまうんですよね。

多分タバコ吸ってる方々はこんな風な感じになっている方がほとんどではないんでしょうか。

友人にもタバコをやめた人がいます。その彼のきっかけは、色々な会議に出るとほとんどがタバコを吸う人がいないので、恥ずかしくなってタバコをやめる決心したそうです。意志が強い方のようでそのままタバコを吸っていないそうです。

もう一人の友人は少し長く入院して病気と戦ったために、それ以来にタバコを吸わなくなったとのことです。

ただタバコをやめようやめようと思ってもなかなかやめられないというのが現実です。そこですぐ止められれば世の中には煙草吸いなんてほとんどいなくなるんではないでしょうか。

私の場合は、やめようと思いながら結局はやめられず、でもなんとかいつかやめようと思っていました。

ある時に、仕事の関係ですが大きな買い物をすることになりました。やっぱり億という金額の買い物だと、小さな会社では大変なことです。銀行でも融資をしてくれたので問題なく購入はできたのですが、私はその時に自分の心を決め、大きな買い物をしたからここでタバコをやめようと思い頑張りました。




それがよかったのか、おかげさまでタバコをやめられた現在に至っています。

今あちらこちら行っても、タバコを吸ってる人は肩身の狭い思いをしているようですね。そんな心配がなくて本当に良かったと思っております。

タバコをやめるには何かのきっかけなんですよね。ですから例えば車を買い替えたとか、家を買ったとか何かのきっかけで、よしここでタバコをやめるぞと自分に宣言をして止めるのが一番効果がありそうです。

余談ですが

タバコを吸わなくなってから随分経つと、やっぱりタバコの匂いは気になりだしますね。先日もあるレストランで、禁煙席の席が空いていなかったので喫煙席に入ったのですが本当に臭かったです。そのレストランから出て自分の着てるものの匂いを嗅いでみたらタバコ臭かったです。

できましたら皆さんタバコをやめましょう。

でもタバコには相当の税金がかかっていますから、タバコを吸わない人は恩恵を受けているのかもしれません。ありがとうございます。

あまり健康に興味の無い方は、とはどんどんタバコ吸ってください。そしてどんどんと税金を払ってください。

海外では結構タバコの値段が高いようですね。 多分これから日本のタバコももっと値上がりしていくのではないかと思います。

【脳梗塞は前もって症状がないんだろうか】最近私の友人が病院へ入院した。こんな話よくあるんだよね。前もってわかる方法はないんだろうか?




年を取ってくると脳梗塞で倒れたというように脳に関係する病気により病院に入院するという方が何人かおります。

明日は我が身で自分でも心配になるのですが、専門家に聞いてみるとこういうことらしいです。

脳梗塞には前兆の症状がある。

・ 手足がしびれる、力が思うように入らない。

・しゃべるのにろれつが回らなくなってしまう。

・言葉が出にくくなりうまく喋れない。

・相手の言ってることがうまく理解できない。

・視界が半分くらいしか見ることができない。

この症状が前兆の症状だそうです。その他に体の症状がどこかおかしいなと思うような時も該当するそうですから注意が必要だということです。

この状態が一つでも症状が出たら、脳梗塞になる可能性があるということだそうです。ちょっとそういう症状が出ても、すぐに治ってしまうということがあるそうです。一時的な症状ですが、これが問題のもとだそうです。

こういう症状が出た人の4分の1くらいの方が数ヶ月以内に脳梗塞を発症しているケースが多いとのこと。

だからこのような症状がすぐあるようであればすぐ病院に行って検査をしてもらうのが一番良いのではないかと思います。




しかし

脳梗塞を起こして病院に担ぎ込まれたんだけれども、処置が早かったせいで全く元の状態に戻ったと言う元気の方も何人かいます。

でも残念ながらその後ずっとベッド生活、あるいは車椅子の生活になったという知り合いもいます。

そういう方たちにその脳梗塞をする前に、何か前兆があったかと聞いていますが、記憶にないという方が多くおります。

すなわち前兆がなくても十分に注意をする必要があるようです。

一般によく言われるように、食生活と運動に注意をする必要があるのかもしれません。