【デジタルカメラがピントが合わないトラブル】 今回はこんなデジタルカメラのトラブルがありましたので ちょっと書いてみたいと思います。 何かの参考になれば。



今回使用したカメラはパナソニックの FZ 1000。
コンパクトデジタルカメラの部類に入りますが スタイルとしては一眼レフのように大きいカメラです。
このカメラは仕事上に色々なものを撮影したり、 また海外旅行に持っていって相当多くの枚数の写真を撮っています。


今までに相当の枚数を撮っていますが全くの故障知らずで大変調子の良いカメラでした。
ところが
先日仕事上である団体の記録を撮るという写真撮影の仕事があったのですが、 なぜか途中からピントが 合わなくなってしまったのだ。

自分が知らぬ間に変な所のスイッチに触ってしまったのかと思いチェックをしてみたのですが特に問題はなし。
リセットかけるつもりで電源を切って入れ直しても全く直らない状態。


しかししばらくすると何ともない? 全く普通に故障もなく ピントが合うのです。
その日はその後直ってしまったので原因が分からずちょっと不完全燃焼でした。

次の日にまた続きの写真撮影があり、また撮影を開始しました。最初のうちは全く問題がなかったのですが、しばらくするとまたピントがおかしい?
いろいろ対処してみたのですがやっぱりおかしい。 しかしピントが合う時もあるんですよね。


仕事上で記録的な写真を撮ってるのでやばいんです。 最悪の事を考えて 一応予備のカメラは持っていますので 写真が撮れなかったということはないのですが、 しかしやっぱり気分は良くありません。

私としては原因が全くわからず悩んでいたのですが、 隣にいたあるおばさまの一言で原因が分かりました。


このカメラの調子の悪い時に 「このカメラは調子がおかしいんだよ」とぶつぶつ言いながら色々カメラをいじっていた時に隣にいた、カメラについては全く無知のおばさんが「湿度の高いからそのせいでおかしくなったんかねえ?」 と言いました。

まさかと思ったのですが よくよく考えてみると
確かに湿度が高い時にその症状が出てる。


どうもそのおばさまの言うとおりの結果のようでした。
このカメラ自体が 調子が悪かったのかもしれませんがどうも湿気が高い時に使うとそういったトラブルが出るようでした。

(この高いと言う状況は水蒸気の中と言う様な状態ではなく、あきらかに凄く湿気が高い雨降りの中でカメラは濡れないよに傘を差しその下で撮影)

こんなトラブルは他のデジタルカメラでもあるかもしれませんね。
しかしこの症状はそう簡単には出ないと思います。普通に使うには問題はないと思いますが 今回のこのトラブルが出た時は すごくに湿気の高い場所でしたので一般的にはありえない状態かもしれません。
その湿度の高い環境から離れるてしばらくすると問題なく動作するのようになりました。

補足

決して湿気でフィルターが曇ってぼけたと言う原因ではありません。まったくの誤動作状態でした。



【カメラ写真 ニコンP900で撮った写真】ニコンのP900のカメラで雨朝にあがりの朝、撮ってみました。




P900はコンパクト系にはいるカメラ。
2000mmの望遠あがあるおで、超望遠カメラに位置つけられる。
しかし、今は3000mmのP1000が発売されている。

あれはデカい。

まあ、それはさておき、あまり出番の無いカメラですが、ちょっと雨上がりの朝撮ってみた。

少し画像ソフトで縮小などいじってあります。

なおこのP900は2000mmの望遠とありますが、その超望遠域は通常は望遠過ぎて使えない。
お月様は良く撮れます。

こんな風に楽しむにはいいカメラだ。

ニコンP900

P1000もあっても良いかなとは思っていますが、3000mmは通常三脚たって、また気象条件が良い時でないと無理。

またあのカメラは一段とデカいので持ち歩くには抵抗があるね。
P900で我慢するか・・・・



【大変重宝するお気に入りのデジタルカメラ】今やデジタルカメラはものすごい種類の数があります。それぞれに具合が良いでしょうけれども私のお気に入りのカメラがこれです。



カメラはそれぞれに一長一短があり、どれが悪いとかは言えないと思います。いくつかのデジタルカメラを使いましたが最近はこれがお気に入りで使っております。

そのカメラはオリンパスの「 STYLUS 1s」

発売されてからしばらく経ちますが。未だにお気に入りで現役で活躍しております。

もちろん本格的な写真を撮る時には、あるいは仕事上で写真を撮る時には一眼レフを使っておりますが、ちょっとした旅行する時などはこちらのカメラを持って出かけております。

なぜこのカメラが良いかと言うと次の項目が挙げられます。

・小型のデジタルカメラである。

・レンズの明るさが広角から望遠にしても2.8という明るさを保持している。 これはちょっと望遠で撮る時に強みです。テレ端300mm相当(35mm換算)F2.8。



・ファインダーが付いているってこと。コンパクトデジカメ等には ファインダーがついていないカメラがいくつかあります。日差しが強い明るいところで撮る時には液晶画面が見にくくてなかなか思うように撮影できないことがあります。こんな時にはファインダー付は最高です。

・ 映像センサーは約1/1.7型CMOSセンサーで、有効画素数は1,200万画素。

・液晶モニターは可動式なのでいろんな角度で撮影できるのでこれもとても良い。

・レンズカバーが自動で開いたり閉じたりする。だからいちいちカバーのないカメラのように取ったり外す必要がない。電源を入れるとカバーが自動的に開いてくれるからだ。

簡単に言うとこんなところが大変気に入って使ってるカメラです。

旅行するときなど大きなカメラは結構邪魔になるものです。

本格的な撮影目的で行く時には大型カメラを持って行くのですが、ちょっとした仲間内の旅行とかバス旅行などはこのカメラで十分用が足りております。

トルコイスタンブール付近

また私のようにスキーに出かける者にとっては、大型カメラは滑る時には本当に邪魔になります。このカメラは首からぶら下げてスキーウェアの中に入りますから気楽に持ち歩くことができます。



あとは私の希望ですが、広角側が20mmくらいだったらもう旅行には最高ですね。旅行などは建物内で撮ることがあるので広角が嬉しい、また風景をバックに写真を撮る時、後ろの風景が良く入るからです。