【寿命が25%も伸びるそんな健康法】健康寿命はできるだけ伸ばしたいものだ。そんな時に期待される物質があるんです。そうなんだ・・ためになる話。



人間の中には健康を維持させるためにある物質があるといいます。

アメリカのある大学で報告された事なんですが、マウスでの実験結果でその物質を体に投与することによって25%も寿命が延びたという結果が報告されています。

その物質というのは体内にあるのですが加齢とともに低下していくようです。

その物質が健康寿命と比例してるようで年をとっても実際の年齢より若く見えたり、元気で生活している人はその物質が多いということが研究結果として報告されています。

またその物質は脳の活性化にもよく、記憶力とか認識力は加齢とともに低下するのですが、その低下を抑えそれらを維持する作用もあるようです。

また、癌細胞も抑えてくれるようですのでガンの予防にも非常に効果的ということらしいです。

動物の血管は体中にエネルギーと栄養素を体内にまんべんなく届けるお仕事をしています。この血管が老朽化していると体も老朽化ということになります。この血管の老朽化のもとになる血管の炎症も防いでくれるのがこの物質だそうです。

その健康寿命を延ばす物質は生まれた時から体の中にあり、年齢を重ねるごとにどんどんと低下していきます。

しかしその物質は外部から補充することができます。
高額なサプリメントとか運動をする必要はありません。

一番効果的なのが納豆です。納豆には大変多くその成分が含まれているために研究者からは注目されているようです。

他にも肉類にもそれを増やす効果がありますので肉を食べるということも有効だそうです。

前にテレビで見たことがありますが寿命が長くない青森県で、ある地域の住民が寿命が長いという結果が報告され、それを調べたところ、その地域の人たちはよく肉を食べていることが分かったそうです。

また日本人の寿命が昔に比べて伸びたのはよく肉を食べるようになったことが原因だと言っている方もいるようです。

その他にも大豆食品、漬物、ブロッコリー、オレンジなども効果的なようです。

その注目される健康寿命伸ばす物質は
スペルミジンと言います。
このスペルミジンを毎日摂取することにより元気ではつらつとした健康寿命を可能にしてくれるようです。

結論

健康寿命を延ばすには、納豆、肉などを積極的に摂取するのが効果的。

しかし、どの食品も多量に摂取すると反対に害がでますので注意が必要です。

やっぱり年をとってもいつも元気で輝いていたいですね。


【長生きの健康方法 骨を強くする簡単な方法とは】 人間は健康で長生きしたいものだ。そのためには骨が丈夫でなくてはならない。なぜかと言う事は健康は歩けるということが大事なんだ。簡単な方法がこれ。



だんだん年を取ってくると健康が気になる年頃になってきます。
色々なものを食べて元気でいるということが大事なんですが、 年を取ってくると骨がもろくなり 転んで骨折をしてそれ以上もう歩けなくなって車椅子なんていう方も良く見られます。

若い時に結構運動していたから大丈夫と言った人が結構骨折をしてダメになるケースも多いんですよね。
その対策にはカルシウムを摂るしかありません。


もちろんカルシウムをあまり食べ過ぎると体内のカルシウムが出てしまい問題があります。
どのくらいとったらいいのかということはよくわかりませんが、とりあえずやっぱりカルシウムをいつもとるということが基本ではないでしょうか。

最近はカルシウムを取るためのサプリメントも発売されています。
私の経験から言うとそういったサプリメントは本当に効くかどうかわかりません。 能書きには大変良いことが書いてありますが 大体そういうものは売るための手段として 歯が浮いたようなことが書いてあることが大半です。


カルシウムとは関係ないですが私も前にそういったサプリメントを買って服用したことがありますが半年経っても1年経っても全く効果は見受けられませんでした。
説明書を見ると効果のある人とない人がいますと書いてあります。 大変効果的な逃げ口ですよね。

本題のカルシウムを摂取することですが
そんなサプリメントに多くのお金をかけても仕方がないです。 効果が出るかないか心配になるもにお金を出すより、 一番良い方法はダシに使う煮干しを買ってきて、 それを1日にいくつかポリポリ食べることです。

美味しくは ないと思いますが健康のためだと思って それを食べるのが 一番安くて一番効果的。
以前年配の方から聞いた話なのですが、 昔の何もない頃には煮干しを食べてカルシウムを摂取したそうです。
結論
骨を強くするためのカルシウム補給は煮干を食べるこれが一番。


【痛風を回避した、私の体験談】 痛風とはすごい痛みが出て大変な病気です。 友人らの話を聞くとちょっと触っても 飛び上がるほどの痛みらしいです。 それを回避しました。 その方法とは。



まず最初に

痛風と言う病気は、尿酸が関節や腎臓の中で結晶となって溜まることで、関節に物凄い痛みを起します。また腎機能にも障害をもたらしたりする病気です。初期症状の場合は手足の関節などに少し違和感が感じられます。
この時に対処すると痛風発作を防ぐことができます。

私の体験です。
それは足の小指の関節に少し違和感が出始めました。最初はあまり気にはしていなかったのですが、 私の友人に痛風の方がいて ものすごく痛いという話を聞いていました。

もしかしてと思い お医者さんに行って診て頂きました。
結論は尿酸値が非常に高いということでした。
(この時は他の値も高く、糖尿病他にもすぐになる可能性があると言われました)

尿酸値が高いということは完璧に痛風という病気が出るんですよね。
お医者さんからはもうすぐ間違いなく痛風が出ので薬を処方しましょうかと言われました。

しかしまだひどい症状が出ていないので お医者さんに何か方法は他にはありませんかと聞きました ダイエットしなさいと言われました。

確かにその時の体重は今までの体重よりかずいぶん増えて、周りの人からはお前は太りすぎだとよく言われていました。

もちろんその時は食欲たくさんがあり、美味しいものはガンガンと食べていました。 人生幸せでした。
それが原因だったんですね。

ダイエットしろと言われてもなかなか思うようにダイエットできず 悩んでいたのですが あることから一日一食ダイエットというのが良いということで 実践をしました。

空腹時には苦労しましたがだんだん慣れてくるんですよね。 このダイエットで見事に体重を希望通り減らすことができました。

イメージです

その後のお医者さんの診断の結果は尿酸値も下がり全く痛風の恐怖が なくなりました。

人それぞれにより違うと思いますがもし多少太り気味の方がいて痛風の方がいたらダイエットがおすすめです。
尿酸値が下がるということは確信をもって体験から言えます。

ダイエットというのは健康にもいいし スタイルも良くなるし 嬉しいことですね 。
私の体験では一番いいダイエットはお金のかからない 1日1食ダイエットがおすすめです。

結論
痛風にならないためには太らない。出始めたらダイエット・・・・ 薬いらずです。