【熱中症対策でこんな効果的な方法があったんだ!!】太極拳の先生が教えてくれましたこんな素晴らしい熱中症対策。水を飲むのではない他の方法だ!



これから暑い夏になると熱中症の事故が結構多く報道されます。
私も以前一度熱中症の経験があります。それは炎天下で作業をしていたら急に具合が悪くなってきました。
自分で熱中症とすぐ気が付いたものですから、直ぐに涼しい所に移動して体を横にしていたものですから2時間後ぐらいには良くなりました。

そんな経験から水を飲むようにはしているのですが、熱中症になりそうな時は水を飲んでいても十分な対策はできないようです。
要するに水を飲んだから熱中症にはならないというわけじゃないんですよね。

もちろん水分補給は重要です。

私も経験した熱中症は確かに頭がクラクラしてぼーっとしてきます。

熱中症というのは頭が熱くなってきて脳おかしくなりコントロールがきかなくなるのが原因だそうです。
これを対策するにはまず頭を冷やすということが一番の方法だそうです。

一番早く熱中症対策で頭を冷やす効果的な方法は、耳を冷やす方法だそうです。

耳が一番のいろいろな意味で頭に近いために氷などを用いて冷やしてやると効果がテキメンだそうです。

先生の話ではペットボトル2本を冷凍庫で冷やしておくそうです。
熱中症になりそうな時、なってしまった時はそれを取り出しペットボトルの底の部分がへこんでいてちょうど耳によく当たるのでそこを両耳にあてるそうです。
この効果は本当に良いようです。

私はまだ熱中症になりそうな暑さの時に試してありませんが、確かに底の部分を当てるのではなくても、凍ったペットボトルを耳とか、おでことか、顔とかあちこちに当てると、確かに頭が効果的に冷やすことができると思います。

次の効果があるところはクビだそうです。
首には大きな血管が通ってるのでやっぱり効果はあるようですね。

以前私、暑いところにどうしてもいなくてはいけない時は濡れたタオルを首に巻いていましたこれは結構効果ありましたね。
あとやっぱり濡れたタオルをハチマキのようにして、おでこに巻いているのも効果がテキメンでした。

炎天下の作業の時などは格好が良い悪いなんて言っていられません。
熱中症には水分補給も必要でしょうけれども、それだけでは間に合わないことがありますので炎天下では湿ったタオルを2枚持って頭と首に巻いておくと効果は良いでしょうね。

今年の夏も熱中症にならないよう予防して頑張りましょう!!

熱中症は脳がおかしくなる・・つまい脳にダメージを与えることになりますから、きっと良くないのでは?気が付かないわすかな後遺症が残るかもしれません。
記憶障害、運動能力障害etc


【目が悪くなると老化がすすむ・・・え?本当??】 視力の低下と老化現象に関係があるんだそうです。びっくりしますよね。視力は大切なんですね。




我々の脳みそというのは、色々な情報を処理をして体を維持していますが、その脳みその感覚というのは8割が目から入った情報によるそうです。

もし視力が悪くなったりして、目が悪くなると脳みそに伝わる情報が少なくなってくるということで脳みそへの刺激が弱くなるようです。

脳みそに入る情報が少なくなるということで脳みそがだんだん機能しなくなり、色々な反応に遅くなってくるようです。

どうも反応の遅いというのは、 脳への情報が少なくなるのでそのようになるらしい。

これは目からだけの刺激ではなく、年を重ねると筋肉などの低下により刺激も少なくなり脳への刺激も少なくなるんでしょうね。

特に目からの刺激は大変重要のようです。

この脳への刺激が弱まると、物事をしようとする意欲や行動力が低下し、また記憶力が悪くなったり、認知機能の低下がどんどん進むようです。

色々な研究結果から、記憶するための情報がなくなると、認知機能の低下が進むということが報告されているそうです。

すなわち目から入ってくる情報というのは大変重要だということになります。

結果は目が悪くなると色々な機能が低下するということなんですね。

確かに、テレビ等でよく放映されている長寿の方々を見ていると、結構頭を使って色々なものを見ている方々、体を使って色々なことをしている方々などが多いような気がします。

すなわちある程度歳をとってきた時に、元気で活発でいるためには脳をしっかりと活発化させるということが大事なようです。

そのためには目からの情報が少なくなると脳みそが処理しなくなりますので、老化が進むということなんですね。

追記

これを読んだある高齢な大先輩の方からコメント頂きました。

確かに年をとると物がよく見えなくなってくる。するといろいろすることが嫌になり特に細かいことを、しようとする意欲がわかなくなると話をしてくれました。




【大極拳の不思議、太極拳に興味があり通ったら・・】最近太極拳に興味があり初めて通いました。太極拳とはこういうことが由来だったんですね。

太極拳、よくテレビなんかで見ますと中国人の方が朝公園とかでゆっくりとした動作の太極拳をしている姿を見ることがあります。

あんなにゆっくりして動いていて健康にいいのかなって不思議に思いました。

でも、なんか良いらしいんです。 そこでその太極拳の講習に入って、体験してみることにしました。

初回の講習会の時に、太極拳の先生が、 太極拳とはこういう流れであるということを教えていただきました。

私としては大変参考になりましたのでここに書いてみたいと思います。

太極拳とは・・・・・

ご存知のようにこれは中国のものなんですけれども、太極拳とはもともと武術なんですよね。

なんでその武術がこんなにゆっくりした動作でいいんだろうかと不思議にも思いました。

昔中国は戦乱の時代があり、 それが段々と統一され平和な時代になったそうです。

そんな平和な時代になると、あまり武術は必要がなくなるのですが、その武術の大会が開かれるようになり、自信がある色々な人が参加したようです。

そういった大会に勝つと、 先生になり太極拳の塾というか教室を開いて門弟に教えていたようです。

多くの先生がいたようですが、その中である先生が、今ある太極拳のようなゆっくりとした太極拳を教える先生がいたようです。

そして、 色々な大会があるとその先生が不思議なことに他の先生を押さえていつも勝っんだそうです。

当然人気がありましたから門弟も多くなり、評判になったそうです。

もちろんその先生以外にも太極拳教える先生はいて、門弟をもち講習をされていたのですが、どうも不思議なことに、そのゆっくりとした太極拳を教えている人気の先生の所の門弟達が非常にみんな健康だったそうです。

他の先生の所は、事故者が出たりとかして、すごく差があったようです。

そんな様子を見ていたその時の政府が、こんなに健康に良いんであれば、国民全員にこれを広めてみんながするようにと。健康になるということで、勧めたそうです。

もちろんその当時の太極拳の内容と今の内容ではいくらか多分違うでしょうけれども、そういった由来で中国全土で大挙拳が健康のためにする様になったようです。

私は今日初めて、太極拳というものを実際に体験してみましたが、終わった後は本当になんかすっきりした気分になりました。

わずかな時間ですので大してはやったんではないのですが、 やった後は本当に気分が良くなり、なんか本当に健康にいいのかなと思うような気持ちになりました。

前に体育系のストレッチ運動も指導者の下で行ったことがありますが、それよりこの大挙拳のストレッチみたいの方がとても効果があるような気がします。

体を動かしたり筋肉を動かしたりするのが基本的に違うようです。

大雑把に言うと西洋式は体部位のストレッチ。大挙拳の場合は身体全体を一緒にストレッチしていくというようなイメージです。

これを機会に太極拳を習得したと思っています。(途中でで挫折するかもしれませんが)