【貼るカイロで手足などを効率よくあっためるには?】北海道、東北、信州など本当に寒い地方に住んでいる方々が、外に出て色々な作業をする時に手足が冷たくなるということはよくあることです。

暖かい地方に住んでいる方は関係がないことですが、北海道など本当に寒い地方に住んでいる方々が、外に出て色々な作業をする時に手足が冷たくなるということはよくあることです。

外気温が極度に低いので当然あり得ることです。

そこで登場するのがよく売られている貼るカイロというものですが、冷たくなるところに貼れば良いと思っておりましたが、先日友人ドクターからこんな話を聞きましたので、要約をしましたので、冷え性とか、手足が冷たくて困っているなんていう時は特に参考にしてみたらいかがでしょうか?

本題

手足が冷たいといった冷え症の人がカイロ温めようとするより、先にまでそつなく血液がらない状態なので、とりあえずは血がいっぱい集まるスポット加温し血流を促進することが一番。

カイロを貼る場所は、腹、腰のまん中、上肢裏、太い血が体の表通っている大腿部付けにとどまらずがつく手首、足首、首横などに貼る

血液が先端までいかないのは血が縮小しいるので温かい血が流れれば管が開き、手と脚先端まで良く血が流れるので暖かくなる。

血は1周おおむね1分弱で体全体まわるので、血管が集まている部分温めれば、身体内順調に暖かくなります。

とのことです。

お猿さんの会話「おい、貼るカイロで一番いい方法知ってるかい?」「知ってるさあ~、それは血管の集まってるとこだよ、でも温泉がいいね!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください