【デジタルカメラの事件簿】以前使っていたカメラを売却、しかしその後撮った画像を見たらまた欲しくなり、また同じカメラを買ってしまった。 X-S1





世の中にはバカの男もいるものだ。 自分の事。

数年前、当時の性能にあこがれて、フジの X-S1 を購入。

当時、望遠が大きい事と、ズームが手回しで、一眼レフの様な感覚で撮影出来る事だったのでそれもあこがれだった。 もちろん性能にも。

そして多くの写真を撮り、パソコンに貯めました。

その後、某メーカーの一眼レフにとりつかれ、このX-S1で撮影する機会が少なくなったので X-S1をオークションで手放してしまった。

それからしばらくして、自分のパソコンの中の写真をみてると、良く撮れている写真と、そうでない写真があり、良く撮れている写真の撮影カメラの情報を見るとなんと「X-S1」なのだ。

写真の写りをみているとまた欲しくなってしまった。 良い物は良いのだ。

そしてX-S1が忘れられず、とうとう再び買ってしまったのだ。 アホかも?

今でも現用で働いていますが、いまだに調子よく良く撮れる。
気軽に望遠で撮影が楽しめるので最高!

ネオ一眼を言われるこの様な機種はレンズ交換の必要なく、結構な望遠まで機能するので本当に便利。

最近は一眼レフの出番が少なくなってしまった。
高いレンズが防湿庫に眠っている。

いまでもこの「X-S1」は出陣が多い愛用機です。

私のお気に入りのカメラです。

こちらが撮った写真の一例

木曽の御嶽山、八ヶ岳 縞枯れ山より


やっぱりこのカメラはいい。

ポケットに入れて軽く撮りたいと言う様なわけには行かないが、一眼レフの様にじっくり構えてそこそこの写真を撮りたいと言う時にはもってこいのカメラです。

もう製造は中止されてますから新品の購入は難しいかも知れませんね。探すとしたらできるだけ使用頻度に低い中古を探すのが良いでしょう。


詳細、フジのページから引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です