【キリンの生茶もどきの作り方】キリンで販売されている生茶が本当に美味しい。あれは自分の家でできないだろうかと思い、やってみた。成功!

人によって随分違うと思いますが、私は濃い目のお茶が好き。

よくコンビニでお茶を買う時には濃いお茶を買っています。何と言ってもあの渋味が最高なんですよね。

自分の事務所でパソコンに向かい仕事をしているとついつい結構飲んでしまいます。買っていると値段も決して安くはないので自分の家ではできないものかと考えていました。

もともと冷たいお茶を作るなんていう方法が全くわからないので、とりあえずドラッグストアで売っていた冷やしのお茶を買ってきてそれで作ってみました。

味は少し違いますけれども、結構生茶に近く渋みがあり美味しく飲むことができますので、同じような事を考えている方は是非試されてみてください。

私個人の話ですけれども、普通に色々な所で売っているお茶っ葉を買ってきて、お湯を沸かして急須に入れてお茶を入れて見てもどうもイマイチ。

中には美味しいお茶もありますが、しかしちょっと飲んでいると飽きてしまう。

そんな時にコンビニなどでキリンの生茶を買って飲むと美味しいんですよね。

さて作り方の本題ですが、

鍋に水800cc またはお湯を800cc入れてその中にこの写真にあるお茶のパックを一つ入れコンロにかけ沸騰させる。

沸騰したら火を止めて冷めるまで放置する。

冷めたら再びコンロに火をつけて沸騰させる。沸騰したら火を止めてまた冷めるまで放置をする。

この時に水はだいたい700ccくらいに少なくなります。

これで出来上がりです。これをペットボトルなどに入れて冷蔵庫で冷やして、必要な時に取り出して飲むと生茶に近い味の美味しいお茶を飲むことができます。

1000ccではどうかなと試してみましたが、ちょっと薄口になり物足りない味になりました。

それぞれの方の好みもあると思いますからその辺の水量を調整してみるといいかもしれません。

また一回の沸騰ではちょっと薄いです。 3回の沸騰は試したことがありませんがたぶんそんなに濃くはならないと思います。

下手なジュースを飲んでいるより、お茶ですから健康にもいいし、また甘くないから歯のためにも問題はないでしょうしね。

苦味のある濃い冷たいお茶が好きな方にはお勧めのです。

空になった生茶のペットボトルにこのお茶を入れて飲むと、サントリーの生茶を飲んでいるような気分になりまたいいですよ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください