【家庭用血圧計の話】血圧計には腕に巻いて測定するものと手首に巻いて測定するものがありますがどちらがいいのかな?





私は現在朝そして夕方血圧を測って自分の血圧の管理をしています。

以前は少し値段高めの腕を通して血圧を測定するという道具を使っていたのですが、簡単に測定するために手首にまき測定をするものが簡単で使いやすかったので常用で使っていました。

それぞれに測定してみると値は近い値は出るのですがやっぱり少し値が若干違う。

またこの測定器が本当に正しいのか心配になったので、いつも行っている医院のところへ持って行って自分が血圧を測ってもらいながら、自分の血圧計も測定して差がありすぎて使い物にならないのかそれとも使えるのかの判断をしていただきました。

その結果は私が使っていた血圧計どちらもほぼ近い値が出るということで正常であるというお医者さんの回答でした。

それを聞いた後はいつも手首に巻く血圧の測定器で測定をしています。

よく血圧測定器の記事を読んでいますと、手首に巻いて測定するものは誤差があって良くないと書いてあるものもありますが、私が使った限りではそんなことはないようです。

最も血圧というのはその時にもよっても若干違うし、正確な値がどうのこうのという問題ではなく、血圧が正常の値から高いのか低いのかという目安になれば問題がないのではないでしょうか。




結論を言うと 、近隣の薬局または電気の量販店に売っているちゃんとしたものであれば、血圧計としては 腕に巻くものであれ、手首に巻くものどちらでも問題なく利用できるということになると思います。

先日のある記事を見ていましたら、指で簡単に血圧が測定できるなんていう装置も今少しで出来上がってくるようですから、ますます血圧測定が簡単になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください