【愛用のデジタルカメラ】ネオ一眼と言われる、調子が良い手軽なデジカメ フジX-s1

X-S1のレンズの焦点距離は以下の通りです(最短撮影距離ではありません)35mmフイルム換算:24mm~624mm相当

じっくりと腰を落ち着けて写真を撮る時は、それなりきの一眼レフで撮影すると良い写真が撮れますが、しかし旅に出た時とか、また日頃ちょっとした合間に、そのチャンスを撮りたいという時はなかなか一眼レフカメラでは思うようにいかないときがあります。

私は仕事が結構忙しいので、その仕事に出た出先の時間の合間に、いい被写体があるとカメラで撮影するのですが、この時には簡単にすぐ取り出して撮れるカメラというのが、自分にはあっているような気がして、一般に言われるネオ一眼というカメラをよく使います。

今回紹介するこのフジのX-S1と言うデジタルカメラは、コンパクト型デジタルカメラの分類にされていますが、ちょっとした一眼レフには引けを取らない写真が撮れます。

発売された時はプロも絶賛したカメラです。

X-s1で撮影

このカメラの特徴は、メモリーカード以外に本体に若干メモリーを持っていて、間違って SD カードを入れなくても何枚かは撮影ができることは嬉しいです。

めったにはないですが、たまにパソコンにメモリーカード入れたまま、カメラはメモリーカードなしで飛び出してしまったなんて言うこともなきにしもあらず。

先日友人が血相を変えて走っていくので、どうしたのって聞いたら、デジタルカメラにメモリーカードが入っていないので慌てて自宅に戻ると言っていました。(笑)

X-s1で撮影

このデジタルカメラの望遠レンズは、通常の一眼レフの望遠レンズのようにレンズの周りのリングを回す方式です。電動モーターと違い瞬間的にリングをますと望遠の画角を合わせることができるので結構気に入って います。

受光素子もそこそこ大きいので、小さなものに比べては大きいので通常の写真にするには全然問題なく綺麗な写真を撮ることが可能です。

このデジタルカメラはもう製造中止ですので、新品をメーカーから購入というわけにはいかないと思いますが、中古市場でも3万円くらいはしてます。しかし最近は SONY そしてパナソニックなど、値段がいいですが結構性能のいいネオ一眼レフカメラを出してきてるので、少し価格が下がりぎみ。買い時の時期ではないでしょうか。

X-s1で撮影

高級なネオ一眼は10万円以上の価格をしますからね。下手な一眼レフよりか高いかもしれません。

このデジカメは気楽に写真を撮って歩くには、600ミリも望遠がありますのでいろんな場所での撮影に威力を発揮すると思います。

私のお気に入りのデジタルカメラです。

【Kenko デュアルモニターデジタルカメラ DSC880DW IPX8相当防水 DSC880DWの使用結果】KenkoのDSC880DWと言う超広角のデジカメが凄い。その評価




ケンコーから発売されている デュアルモニターデジタルカメラ DSC880DWというカメラがあります。このカメラは稀にみる 超広角のデジカメで、広角写真を撮りたい方には最高のカメラです。レンズが35 mm 換算で14mmと言うからすごい。

このカメラは背面と正目両方に液晶画面がある。自撮り確認用か

今までにも、また今でもこのような超広角なコンパクトデジカメというものは見たことがない。今時は珍しい。

私はよく広角レンズで写真を撮るのですが、このカメラに興味を持って以前購入し楽しんで使っていました。

まずこのカメラのいいところは、超小型であるということ。そして普通にはない広角写真が撮れるということ。決して画質もそんなに悪いことがなく、通常に楽しむには問題がありません。

使い勝手の悪い所は、まず電池が単4の乾電池を使用するということ。まあ人によってはこの単4乾電池の方が使い勝手が良いという方もいるかもしれませんが、私にはちょっとでした。




もう一つはバッテリーの交換すると、設定が消えてしまい元に戻ってしまうということに不便な症状があります。これはトラブルでなくてもともとこのような設計らしいです。

値段的には高いカメラではないので、高級カメラのような内容を要求するのが間違っているのかもしれません。

今一つはシャッターを押した時に、実際にシャッターが切れるのが遅くなるということです。よってシャッターを押してすぐにカメラを移動してしまうと手ぶれが発生してしまいます。これはそのつもりで手でしっかり持っていれば全然問題がないことです。慣れれば大丈夫!

また写真も広角にありがちな湾曲もほとんど無く良いです。

評価としては大まかにはこんな内容です。

秋の農村の写真を撮ったもの。これだけの広角はすごい

もちろん今は製造中止になってますので新品の購入も販売店が終わりになれば終了になってしまうのではないでしょうか。

個人的な評価としては、大変面白いカメラで一つ手元に置いておいても良いかもしれません。通常撮影できない画角で良い楽しい写真が撮れるからです。

私は他のカメラで15mmのレンズがあるので、しっかり撮る時はそちらのカメラですが、ちょっと気軽に広角で撮る時はこちらを使っています。建物の内部の写真なんかには最高です。

新しい機種も発売されているようですが、35mmくらいのレンズのようで広角ではないようです。あまり人気が無いみたい。

このような広角は現在無いので新品は高価な値段が付けられ売られているようです。

 

  • メーカー型番 : DSC880DW
  • イメージセンサー : 1/3.2型CMOS
  • 有効画素数 : 約800万画素
  • レンズ : f=1.8mm F2.8
  • 35mmフィルム判換算 : 14mm相当
  • ズーム : デジタル4倍
  • 撮影距離 : 約15cm~無限遠
  • 液晶モニター : 2.7型TFT+1.8型(前面)TFT
  • 外部メモリー : microSD(128MB~2GB)、microSDHC(4GB~32GB)
  • ファイル形式 : 静止画:JPEG 動画:MJPEG(AVI)

【デジタルカメラ、NIKONP900】手持ちでお月さまを撮ってみたら・・・本当かよと?




ニコンの P 900というデジタルカメラ.。 最大2000mmと言う超望遠カメラなんです。 ネット上にお月さま撮ったよと写真が載ってるのですが、まあ嘘ではないだろうけど撮るにはやっぱりそれ相応な技術が必要ではなかろうかと思っていました。

そこで自分でも満月にはちょっと手前ですが、頭の真上にあるお月様に向かってカメラを向け撮ってみました。 殆ど真上を向いて撮ると言うのは難しいですねえ・・こんな体験初めてですので。

これがこの写真なんですが、いやびっくり仰天。 これだけ簡単に取れるんですね!

2000mmの望遠にするとほとんどこの大きさにいっぱいに写るんですよね。



しかも三脚を立てずの手持ち撮影。 しかし手持ちの撮影なのでこのように中心に収めるには非常に難しくシャッターをおしてその後に液晶画面に表示される月を見ると下の写真の様に少しズレているんです。

ファインダーに映るお月様を見ていると、このカメラの手ぶれ補正がしっかりと効いていることがよくわかります。

最近のカメラがすごく良くなっているのは、こういった手ぶれ補正がしっかりと効いているので鮮明に写るんでしょうね。

こちらの写真はお月様が下の方に少しずれていますが、シャッターを押した瞬間にカメラが揺れるみたいでずれてしまった写真です。 なかなか中心にお月様を止めて撮るということが難しいんです。

10枚ぐらい撮ってそのうちの2枚くらいが、なんとかお月様が中央に入るといった感じで、この写真のようにをシャッターを押しても上とか下とかにずれてしまいます。 私の撮影が下手のせいかもしれませんが?

さすが2000 mm ともなるとシャッターを押した時の手ぶれがものすごく顕著に出るということがわかります。

また夜で空気が澄んでいるせいか知りませんけれども、この月様2000mmで撮影でこれだけ綺麗に撮れますが、昼間の撮影では2000mmにすると太陽の熱の影響でしょうね、空気が揺らいでとても綺麗な写真にはなりません。

最近はこのカメラを使って、広角から超望遠まで数枚の写真を撮って組写真にしてますが結構楽しいです。 これだけの望遠というのは普通はありませんので、違った世界の写真が撮れるので私にとっては大変面白いです。


上記撮影から4日ほど後に欠けた月を撮ってみた。

これは、ちょっとパソコンの画像ソフトでシャープにしてみました。 ここまでに映ると楽しいですね。 この月の中にUFOでも飛んでいたら最高なんだけどなあ・・・・残念ながら発見できませんでした。
レンズは約2000mmくらい、手持ちなんですが、ぶれるので窓枠にカメラを添わしてできるだけ手ブレを少なくして撮りました。

 

この下に掲載した【車山~】と言うのが一例です。

天体望遠鏡を使った専門の天体写真とは違って鮮明ではありませんが楽しむ程度のお月様の写真を撮ることは可能のようです。

ニコンの P 900のカメラを検討してる方は参考にしてください。

【車山スキー場と気象庁レーター】白樺湖ロイヤルヒルスキー場から撮った車山高原スキー場と気象庁のレーダー写真です.