懐かしのデジタルカメラ キャノンA50(思い出のデジカメ)




たまたまパソコンの中の画像を見ていたら、こんなカメラの写真が出てきた。
キャノンのA50と言うカメラ。初期のカメラなので、今とはスペックが格段と違う。

忘れていたが思い出した。

そんなに長い期間使った記憶はないが、でも愛用していたことは事実。

キャノンのページにあった内容がこれ。今では信じられないスペック。
でもデジタルで写真が撮れるだけでもうれしかったよ。

下記はキャノンのページより抜粋


 
PowerShot A50 の特長
 
ジュラルミン合金を採用したコンパクトなデザインPowerShot A50は、PowerShot A5/A5 Zoomでの小型化技術を踏襲し、コンパクトなボディにメガピクセルの画質とズーム機能を搭載しました。ボディ外観には薄くて軽く強靭なジュラルミン合金を採用し、フルフラットなデザインとあいまって、ポケットにおさまる優れた携帯性とメタルボディが持つ高い質感を兼ね備えた、『持つ喜び』を実感できるカメラです。
コンパクトカメラにふさわしい軽快な操作性デジタルカメラで指摘されるシャッターインターバルの短縮化という課題に対し、キヤノンは、独自開発による専用ICとバッファメモリを搭載することで、最短2.5秒の撮影待ち時間を実現しました。 また、安定したホールディングを可能にしたレンズを中央部へ配置したデザイン、見やすくわかりやすい大型モードダイヤルの採用等、カメラライクな優れた操作性はPowerShot A5/A5 Zoomから継承しています。
高解像・低歪2.5倍光学ワイドズームレンズレンズには、PowerShot A5 Zoomでも好評の、広角側から使用できる光学ワイドズームレンズ(焦点距離4.3-10.8mm、35mmフィルム換算28-70mm)を採用しています。室内など、被写体との距離が制限されるシーンやスナップ撮影などにおいても多彩なアングルを可能にするレンズです。またズームレンズには一眼レフカメラ用の広角系交換レンズ等で広く使われているショートズーム方式を採用しており、カメラボディのコンパクト化に寄与しています。
描写力、表現力をさらに追求CCDには1/2.7インチ 131万画素タイプを採用。その能力を最大限発揮させるために、画素数アップに合わせた光学ローパスフィルターの特性の最適化を行ないました。さらに、レンズの偏心調整・CCDのあおり調整等の精度の追求を図ったことで、画面全体にわたって優れた描写力を可能にしました。また、7群7枚のレンズ構成と、3枚の非球面レンズは、広角側で発生しがちな非点収差や歪曲収差を良好に補正し、画像周辺部までの高解像・低歪を実現しています。
撮る楽しさを広げる多彩な撮影モード撮影者の撮影意図に応える、多彩な撮影モードも用意しました。

  • 滝や噴水を流れるように撮影するときや、流し撮りに最適な『スローシャッターモード(最長2秒)』
  • 夜景を効果的に撮影できる『夜景モード』
  • 撮影時の光源を、太陽光、曇、電球、蛍光灯の中から選択できる『マニュアルホワイトバランス』

 


 

0

▶思い出のデジタルカメラ オリンパスC-100

CAMEDIA C-100は131万画素(有効125万画素)CCDと、パンフォーカスの単焦点レンズのカメラ

このカメラは単焦点カメラだったので、片手でもて、シャッターを押す、本当に便利なカメラであり、日ごろの写真はもちろんですが、海外旅行でも重宝しました。

私の思い出のデジカメです。

仕様は

発売年月 2001年6月/3万2000円
クラス パンフォーカス超廉価機
撮像素子 1/3.2″ CCD 130万画素
レンズ 35mm/F4(35mm換算)
ピント パンフォーカス
絞り F4/F8 二段切替?(おそらく通常/マクロに相当)
感度 ISO 100-400 AUTO
シャッター 1~1/2000″
最短撮影距離 0.6m(通常)/0.25m(マクロ)(マクロモードでも無限遠まで撮影可能)
測光方式 EPS測光/スポット測光
測光連動範囲  
露出補正 ±2EV(0.5EV)
フラッシュ オート/強制発光/発光禁止/赤目/夜景/赤目夜景
ファインダー  
記録メディア SmartMedia
内蔵メモリ 1MB(VGAで7枚、XGAで4枚)
外観 123×65×44.5mm
重量 190g(撮影重量約300g)
電池 単三電池4本(アルカリ電池で標準200枚/最大1万枚)
その他 USBストレージクラス(B-type)

まあ、写りとしてはそれなりきですが、ちょっと撮ってあるくには最高でした。




0

▶画期的だった手振れ防止のデジタルカメラの出現C-2100UZ

2000年8月に発売されたデジカメ、それまで100万画素とか、また30万画素のデジタルカメラが主流の時代の話。それでも銀塩カメラにはない便利さでした。

ある、量販店のデジタルカメラコーナーをなんの気なしにブラブラしてる時このオリンパスのC-2100UZと言うカメラが目にとまった。

手に持ってファインダーの覗いてみると、今では当たり前の手振れ補正が働き、画像が止まってるのではなか。ものすごい衝撃だった。しかも10倍ズームで明るさは2.8・・・・

手振れ防止の技術は情報で知ってはいましたが、実際に手にしてみたのはこのカメラがが初めてだった。

興奮と衝撃がやまず、すぐさま衝動買い。

2016-11-27_08-15-50-855

当時に一般用のデジタルカメラの中では群を抜いて写りも良くそれからしばらく常用してました。

200万画素のカメラとは言え、明るいレンズで、しかも手振れがついて、当時は本当興奮する写真が撮れ嬉しかった覚えがあります。

C-2100UZは私にとっては思い出深い衝撃だったデジタルカメラでした。

過去の画像をパソコンの中で見てる時、お!いいじゃん!と思う画像がなんとこのカメラで撮ったもの。

・主な仕様
撮像素子:1/2インチ 211万画素 補色系CCD
レ ン ズ:7~70mm(38~380mm相当) F2.8~3.5
記憶媒体:スマートメディア
ファインダー :電子式液晶ファインダー
液晶モニター:1.8インチ低温ポリシリコンTFT
電  源:単3×4本
本体寸法:112.5(W)×141(D)×77.5(H)mm
本体重量:540g(電池含まず)
発売時期:2000年08月

しかし、次代が進化し、当時はデジタルカメラなんて銀塩カメラには勝らないよ、なんて銀塩カメラ愛好家が言ってましたね。そう言っていた彼らも今は全員がデジタルカメラ。

今では、このC-2100UZも、もう骨董品の部類に入るデジカメになってしまいました。

 




0