【パソコンの便利な使い方 Chromeの履歴表示】 パソコンであちこちのサイトを見た時に、前に見たサイトを見たいことがある。その時の簡単履歴呼び出し





パソコンによって色々な情報を得るために多くのサイトを見ることが私ばかりでなく色々な皆様が同じようなことをしていると思います。

そうしたサイトを見ている最中に、前に見たサイトを今一度確認したくなることがあります。

その時には履歴から探すのですが、 Chrome の場合は右にある縦三つボタンの設定から履歴を選択して探すことができるのですが少し面倒です。

そこで簡単に履歴ボタンをクロームに付け加えることができます。




その方法は次の通りです。

次のサイトにHistory Buttonというのがありますからそこからダウンロードしますと、自動的に Chrome に登録されます。

登録される場所は Chrome の画面の右上です。

このボタンを押すと簡単に、以前の履歴の閲覧が出てきますので非常に楽です。

https://ideacloud.co.jp/dev/history_button.html

【ためになるパソコンの話 有害ソフト除去】パソコンはインターネットに繋がっているとウイルスとかマルウェアなどの被害に遭うことがあります。それをちょっと簡単にチェック、削除する方法。





インターネット接続をしてパソコンを使っていると、使用している本人の意思に反して外部から有害なプログラムをインストールされてしまうことがあります。

もちろん多くの皆様が、ウイルス対策ソフトを使ってると思いますがそれでも完璧ではありません。

geralt / Pixabay

では本当にパソコンの中にそう言った有害プログラムが入っているのかどうかということはなかなか素人では判断できません。

一つのチェックする方法として

ブラウザの Chrome を使うと、 Chrome の中にパソコンの有害ソフトをチェックする機能があります。これを操作すると簡単にチェックをしてくれますので一つの参考になるのではないでしょうか。

geralt / Pixabay

方法としてはChromeを立ち上げた状態で 右上に縦の黑点が三つあるところをクリックします。すると下に色々な内容が表示されます。

そのメニューの下の方に設定とあります。これを開きます。




画面の一番下に詳細設定とありますからそこをクリックする。

(画面が下に広がって詳細設定画面が出ます)

下から二番目にパソコンのクリーンアップとあります。これをクリック。

これで有害なソフトを検索して、それがあれば削除することが可能です。

geralt / Pixabay

パソコンの中にデータ量が多い場合には、時間がかかると思います。

なお、これはインターネットを閲覧する Google のChromeというものがインストールされていることを前提として説明しております。

マイクロソフト社のインターネットエクスプローラーではありませんので間違いがないようにしてください。

これはそうさ後「有害なソフトウェアは見つかりませんでした」表示されれば問題はないでしょうけれども何かあった場合には表示されますから、従って削除されるといいでしょう。

【HTMLタグの話 必須タグ required】ネット上の予約フォームなどを作成をしている時に、必須項目が必要がある時その設定




インターネットのホームページ上で色々な予約を受け付けるというサイトは多数あります。

そんな予約フォームを作成をしている時に、そこの項目だけはどうしても入力必要というものがあります。

その項目を入れてもらわないと受付た方が困るということはよくあることです。

その項目を必須として、htmlタグで、その項目に入力がない場合にはエラーメッセージを出す方法です。




色々な種類ありますが簡単な方法は次の方法になります。

required

タグを最後に追加します。

<input type=”text” name=”0011″ size=”20″ maxlength=”10″ required>

このように最後にrequiredを付け加えます。

Greyerbaby / Pixabay

これは CGIの予約フォームの修正を頼まれたものですから、ちょっと作業をしたのでここに書いておきました。

この内容と同じ方法を探している方は参考にしてください。