【ヤクザから聞いたヤクザが一番怖い話】たまたま知り合った「ヤクザ」からこんな本当の話を。





随分前の話のことですが、色々な関係である名の通った日本の大きいヤクザ組織(指定暴力団)の中堅幹部と一緒に飲むことになったんです。

私はヤクザでもないし、ヤクザは嫌いなのであまり近づくことはないのですが、たまたま色々な関係でそんなことに。

確か場所は東京の三軒茶屋付近だったような気がする。

その彼と手頃な飲み屋さんに出かけて一杯飲みました。色々な世間話から、そしてヤクザの世界の話まで。

そこでその酔った彼が僕に言いました。

〇〇さん(僕のこと)よう、ヤクザが一番怖いのは警察や、もしもし君がこれから生活をしていて、もしヤクザに絡まれるようなことがあったらすぐに警察にいくんだね。

オレらの一番怖えのは警察だから、やっぱりそれ以上は手は出せんよ。

彼はそこそこの歳。そして、しみじみと次のようなことも話をしてくれました。

若い時にかっこいいヤクザに憧れて、俺はヤクザになったんだ。しかし今は後悔している。ヤクザなんて大変なことだよ、そして今はヤクザの足を洗いたいんだけれども洗うことができないんだ。

ちょっと悲しそうでした。




【こんな事が本当に・・・ヤクザ】私の知り合いに高校生がいた、その高校生がヤクザに、そしてこんな風になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください