【ドライブレコーダ事故映像】ビーナスラインの蓼科高原入口で思わぬ事故に、内容をドライブレコーダーが捕らえていました。





道路を走っているといきなり反対車線の車が転がってきた。
びっくり仰天。
110番と119番すぐに連絡。
事故の当事者は頭を打ったようで頭部から血が。
意識はあり、110番した時、本人と電話を代わって話ができたから命には別状はない模様。

本人の居眠りかわき見運転で側溝に前輪が入り、その後側溝の蓋に当たりその反動で車が舞い上がり回転したと言うことらしい。

前輪は完全に破壊されてる。凄さを物語っている。

もろろんフロントガラスはメチャメチャ。

私は運転していたのですが、突如車が宙に浮いて飛んできたのでハンドルを左に切りましたが、あれで直撃をくらったら今頃あの世かなと思うとぞ~とする。

しかし、皆さん親切だ。

私たち(2人)の他に、ご夫婦の方らしき方も車を止めて、すぐに事故者の手当てに当たってくれたし、長野から来たと言うバイクのお兄さんも、道路で警察が来るまで交通整理に当たり。みな親切だった。

消防署に電話した時、今私の携帯のGPSで場所分かるでしょ!と言ったら、なんかあいまいの様な事言っていたけど、この世の中だからGPSで場所確実の把握できるようにしておいてほしいですねえ。

警察署の方は、こちらから言う前に「場所はこの辺で間違いないですか」との内容だった。ちゃんとGPSで直ぐに確認できているのだ。

考えてみたら110番に電話するのは、僕は生まれて初めてだったと気が付いた。

運転者は多少怪我はしたものの、命には別状なくて良かった。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です