【絶対必見雪道用の車選び】間違いやすい雪道に良い車の選択(実体験から)

車は、仕事からご家庭の足、趣味の世界まで多様に利用しますので、その希望によって違いますが、基本的な事がありますので参考にして下さい。
なお、ここで書いている内容は、雪道、凍結道路走行で、スタットレスタイヤを履いていることが条件です。
普通タイヤでは雪道は滑って走れません。

1、車が四輪駆動が良い

これはもう、当然、2輪駆動だと、残りの2輪は負荷になるので、雪道は四輪駆動。
しかし、二輪駆動の場合でエンジンが前のある場合の前輪駆動車は多多少後輪駆動より良いです。しかしそんなに雪道には強くありません。
通常の平の雪の上を走る場合は問題ありませんが、前輪駆動車では上り坂だと止まると滑って上がらない事が多くあります。

2、タイヤの大きさは 大きい方が良い。

やはり積雪ともなると、大きいタイヤの方が有利です。
(直径が大きいと言うことで、幅が大きい意味ではありません)

3、タイヤの幅は広くない方が良い。

通常考えると積雪とか凍結道路では、接地面が広い方がグリップが強く滑りにくいのではと考えられますが、広いと滑りやすくなります。
多分、車の車重でタイヤの雪面に水が発生するので、その面積が広くなるので余計に滑るものと考えられます。
↑嘘だと思うかも知れませんが、本当です。

4、車重が軽い方が良い

平坦な積雪あるいは凍結道路は重さに関係なく走りますが、登り坂はもちろん軽い方が上がりやすいとなります。
一番大事は、下り坂が問題で、車重が大きい車は滑りだすと止まらなくなります。
ラウンドクルーザー、ハイラックサーフなどのタイプの車、雪にはとても良いように思えますが、凍結道路の下りは滑って下る事ができない事が多々あります。

5、車の重心は低い車が良い

どういう車かと言うと、バスとかワゴン車みたいな車は重心が高く、トラックの様な車が重心が低いです。
なぜ、重心が低い方が良いかと言うと、雪道で特に下り坂などカーブを切っていくと、車は必ずローリング(横に傾く)します。これが許容範囲を超えると当然車は横滑りを始めます。重心が高い車ほど横滑り安くなるからです。

その他

雪道は走れることはもちろんですが、一番気を付けるのがスピードと下り坂。
スピードは自分でいいかなと思っているスピードより半分位にスピードに落とすこと。
下りは絶対にスピード出さない。

車重のある大きい車の場合は、軽い乗用車はどんどん下れる雪道、凍結道路は滑って下れない事が多くあります。

スタットレスタイヤも完璧ではありません。

特に凍結道路はいくら四輪駆動車でも滑ります。四輪駆動なら雪道はガンガン走れるなんて思って事故する人結構多いです。

雪山で雪がたくさん降った時上っていく車で一番強いのがジムニーですね。タイヤが大きく、タイヤ幅も狭く、重心は高いですが、車重がないので良いのではないでしょうか。
軽四トラックの四輪駆動車も雪道には抜群の性能は発揮しますが、タイヤが小さいので積雪量が多いところはちょっと厳しい。

現代は昔と違って通常の道路でしたら行政などが除雪をすぐに実施しますので、通常の車だと問題ありませんが、速度とコーナー、下り坂に気を付ければ問題ないでしょう。

私の経験

1、追突された
大型の車を乗っている方はもう経験豊かだからわかると思いますが車自体の重量があるので、滑りだしたら、特に下り坂なんてなったら止まりません。凍結道路の下りで信号で赤、停止していたら、後ろから大型トラックが止まらないようで、クラクションを鳴らしっぱなしでなんて事あります。私はそれで追突されました。

2、ハイラックスサーフで凍結道路下り坂でカーブ切れず(滑って)横転

3、ハイラックスサーフでスキー場からの下り坂滑って止まらず、交差点を曲がれず直進。車が来なかったので事故にならずでしたがその道路、普通乗用車は問題なく下っていった。
(車が重たいので止まらない)

4、普通車の四輪駆動のトラックにも乗りましたが、雪道での走りはすごい快適。ただしちょっと空荷だと後ろが軽いのでバランス悪くなるので少し後ろに荷物を載せる。

5、軽四輪のトラック、現在愛用してますが、雪道は最高です。もっぱら近隣のスキー場に行くに愛用してます。

6、普通車がよけ違いぎりぎりな雪道で、上からラウンドクルーザが下ってきた。私は下から上がっていた。するとこちらはすぐに止まれましたが、おおきな重たいラウンドクルーザーは下り坂なので止れず、あわや正面衝突しそうになった。ラウンドクルーザは急ブレーキを踏んだので、横にずれて今にも崖から落そうに。ぎりぎりで止まって事故にはならなかったが、この時、重量がある車の恐怖を味わった。あれで衝突していたら2台とも崖から下に・・・怖かった。

7、これは雪道ではないのですが、雪道の様に滑る砂利道のカーブで運転していた友人がスピード出し過ぎでカーブで滑って土手から下の田んぼに転落。私は後ろの席に乗っていたのですが、丁度360度まわって落ちたので大きな怪我がありませんでした。雪道でもスピードの出し過ぎて同じような事が起こりますね。

・内容は間違っているのがあるかも知れませんが、私の経験からの内容です。雪道の車選択を計画している方、参考にして下さい。

雪道は安全運転で!

別件

スタットレスタイヤは雪道でない普通の道路では普通タイヤより滑ります。特に雨降りなどは、ブレーキ踏んでも滑って止まらないと言う事があります。
冬季間が過ぎたら普通タイヤに履き替えた方が賢明です。
スタットレスタイヤ、まだ使えるから、もってないので夏も装着していると思わぬ事故になる事があるので注意が必要です。


補足

ここに書いた様に、幅広のタイヤは全く雪道では機能しません。
友人がベンツに乗ってますが、雪道は全く無理だと言ってました。
まあ、4輪駆動ならなんとかなるかも知れませんがね?


補足

参考ですが、雪に遭遇し、どうしても目的に着くのには滑って自信がないとか、雪道の下り坂、滑って危くて運転できないと言う方はJAFへ頼みましょう。
やってくれますよ。JAF会員なら規定距離内なら無料だし・・・

私は頼んだ事はありませんが、東京から来た友人がスキーの帰りに凍っている坂道を滑って下れず困っていたので「JAFに頼んだら」と言いましたら、頼んだみたいで、たったの数百メートルの下り坂ですが、来てくれて対応してくれ助かったと言ってました。

JAFに入っている方はご参考に!年会費払ってますからどんどん無料範囲で使いましょう。

【雪道での車の運転】雪が降ると車が滑って走れなくなります。その最良の対策とは。

【車の保守:エンジンを長持ちさせる方法】車は大事に長く利用したいもの、その中の心臓部のエンジンを長持ちさせる方法

【旧車を発見】50年ほど前の旧車、ホンダN360 走っているのを発見(思わずびっくり)

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください