【スキー、ボードでの温か指先になるにはこれ!】スキー場で滑っていると-10°以下になると結構の防寒用のスキー手袋をしても指先が冷たくなるのだ。その時に一番いい方法。

毎年冬になると大好きなスキーをするのですが、日によってはものすごい寒い日になる。

遊ぶだけならそんな寒い日は滑らなくていいのですが、たまには仕事がらみでどうしても激寒の日にゲレンデに出なくてはいけない時があります。

もちろんグローブは、厚めの防寒用を使っているんですがそれでも-10°から15°となると指先が本当に冷たくなる。

この指先が冷たくなるのは人によって随分違うようで、 私の知ってる範囲では中にはそんなに冷たい感じがない人もあるようです。

その時にその人の指に触ってみると結構あったかいんですよね。ところが自分の指はもう冷たくなっているのです。

今年の冬は、次の様なグローブを買って使ってみました。本当に具合よかったですのでそのグローブと使い方を紹介いたします。

まず買ったグローブはこちら。

スポーツショップアルペンに売っていました。4本指が一緒に入るというグローブはなかなかないですね。外見上は4本一緒になっていても中はそれぞれ指が4本に分かれていて私の目的としているものと違うんですよね。

たくさんあるグローブの中からこれだと一つありました。もしかしたらこれは女性用かもしれません。

購入する時は自分の手が大きいサイズ。軍手をはめてからこの手袋をはめるのです。

そしてその軍手の親指以外の4本の指を揃えて、 その指の甲に小さいホッカロンを貼ります。

これで指はぽかぽかです。

 

実際に友人と寒い日にスキーを滑り、友人に指が冷たくないですかと聞きましたら、 とても冷たいですと言いました。

しかし 私のグローブの中はホッカロンで 全く冷たくありません。

 

これは本当に最高です。

用意するもの

・小指が4本まとめて入るグローブを探して買う。

(外から見て小指側ひとつになっていると思うがはめて見ると中は4本に分かれているものが多いから注意するように)

・軍手を用意して下さい。これはどこでもあると思う。

・指用のちいさいホッカロン。2枚(両手分)

スキー場で指が冷たくて困る方は是非試されてみてください最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください