wordpressサイドバーにカテゴリの新しい投稿メニューを作る方法(ウィジット利用)

wordpressでブログなど使用し、中の記事が多くなり、カテゴリーがそこそこあると、単なる新規投稿の表示では不便を感じる。

記事を検索して探して見に来ていただいた方は、他のカテゴリーの内容には興味はないので、そのカテゴリー内の他の記事メニューを出して方が良心的だし、いろいろ便利だ。



phpで書いていく方法もネット多く掲載されていますが、サイト管理で、自分だけで管理しているなら問題ないですが、他のスタッフなどが後々修正する場合、ウィジットの方が説明しやすいし入りやすい。

ウィジットの場合サイトが重くなる原因になる場合が多々あります。

最近は以前と違って、ネット環境の速度も速くなりましたから、欲しい必要なデータがある時は多少時間かかっても待っていると思いますから、多少重くなってもいいかな?なんて考えています。

さて、本題

このカテゴリーのみの投稿を表示させるウィジットは「List category posts」

wordpressのダッシュボードで、外観→ウィジット→新規と選択し

List category posts を検索窓に入れ、検索する。

すると List category posts が表示されるので、利用できるようにインストールする。

次に

ウィジット編集で一覧の中に

List category posts

が表示されるので、自分のサイトのサイドバー等の必要な場所に移動し、設定。

設定内容は次のとおり——————

List category posts

Title →見出しを書く、(最新記事とか)

Category →カテゴリを指定する

Number of posts →表示される件数を数値で

Offset: →オフセット

Order by →並び替えを設定

Exclude categories (id’s) →除外カテゴリーのIDを

Exclude posts (id’s) →除外投稿IDを

Show: →サムネイルの表示

Date → 日付を表示させるチェック

Modified Date →

Author →投稿者を表示させる

Link to category (use ‘catlink’ on the title field if you want the title of this widget to be a link to the category) → カテゴリにリンクを張る

Excerpt →抜粋を表示

私は専門家では無いので詳しい事の説明はできませんが、こんな内容だと思います。

設定の中には表示をランダムで表示させる方法もあるので、古くなっても読んでほしい記事を出せるので面白いのでのでは。活用できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください