【事業に成功した達人が教えてくれた、なるほどなという話】 私の友達に大きく事業に成功した人がいる。最初は小さな会社だったのに・・大したものだ。その成功人が話してくれたいい話。




自分で仕事をしている人も、会社で仕事をしている人も色々な体験をしてると思いますが、時には難題の仕事が来る時がある。

自分の能力とか自分の技量でできる仕事は、仕事ができるのが当たり前です。

もちろんそれが普通が仕事でしょうけれど、しかし時として自分の技量以上の仕事をしなくてはならない時がある。

そんな時がチャンスだそうです。

そのできそうもない仕事を、頑張ってこなすことがチャンスが上に向く大事なチャンスだそうです。

やったことのない仕事などをする時というのは、 分からないので恐怖に陥ることがあります。その恐怖から脱出してその仕事を成功した時にすごい進歩が出るそうです。




たとえもし失敗をしてもすごい勉強になるので、その本人にとってはものすごい進展になるそうです。

中には、挫折でショックに陥る場合もあるでしょうけれども、ショックがあったとしてもそれをプラスと考える方が良いようです。

他にも私の友人に仕事で大成功をしている方がいるのですが、彼の仕事の進め方を見ると結構強引なんですよね。 横で見ていて大丈夫かなと思うのですが次々と成功させているのです。

他から見ると簡単に成功したように見えますが、実際は進めてみたら結構な問題がありそれをどんどんと解決して成功を手にしてるんでしょうね。

昔の私の友人が、「やってみなきゃわからんでしょ」と言ったことを思い出します。

迷ったらちょっとやってみるのが成功の原点かもしれませんね。

でもどう見てもまた誰が見てもこれは絶対ダメだということは、やらないほうがいいかもしれません。安全を考えるのも一つの考え方です。

しかし時代がどんどん変化していきますので、不可能と思えていたことが時代によって全くそれが可能になってくるということがものすごく多くあります。

昔の考え方にこだわっているとそういうところが分からないですね。

新しい時代の情報収集というのは大変必要ではないでしょうか。

いまでも成功をして大金を稼いでいる方がたくさんいます。負けず私たちも頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください