【本当に恥をかいてしまった、バカな話】世の中にはバカなことをする人間もいるもんだ。というこの馬鹿が実は私の話。本当に馬鹿な話です。結末は・・・

これは誰しも起こり得ることなんですが、私にこんなことがありました。

仕事の所用で高速道路に乗ることになりました。車には ETC は付いていませんでした。

高速道路の入り口のゲートでチケット受け取りそして高速道路。

目的地まで約100 km 程度、ご機嫌で運転をしていました。

そして目的地の近くの高速道路の出口のゲートに差し掛かる手前で財布を探しました。すると財布がないんです。ヤバイ!

出口ゲートの手前のちょっと広めの道路脇に車を停めて財布を探しました。やっぱり財布がないんです。財布忘れてきたんです。高速道路から出られない。

クレジットカードを持っていれば何とかなったのですが、そのクレジットカードも財布と一緒に入ってるために持っていない。

まず初めに頭に浮かんだ対処方法は、その高速道路出口の近くの目的地の会社の方に電話をして、誰かここまでお金を持ってきてもらうか・・・・

次に考えたのが、ゲートに進んでゲートのおじさんにその旨お話しして何とか通してもらうか、しかしそれは無理だろうな。

次に考えたのが、そのゲートの横にある管理事務所に行って事情を説明してなんとか対処してもらう。

その最後の考えた方法しか最良の方法がないと考え、車はその事務所の前まで持って行き、中の事務所に入って事情を説明しました。

もちろん担当者はあまりいい顔をしませんが、後でお金を届けますと 何回もお願いをしました。

一般的にはそういう場合はどういう対処をされるんでしょうねえ?

しかし、その方は仕方がないようでその担当者の方が、私を信用してくれてその高速道路代金を貸してくれました。

深くお礼を言ってそのお金を借りて、高速道路代金を払って出てきました。

目的地は取引先の会社だったので、その会社の方にその話をしてお金を借りましたが、 おお笑いされてしまいました。

もちろん帰りには再びその高速道路の管理事務所により、 お金を貸してくれた方にお金を返してそして深くお礼をして帰ってきました。

人間って変なもので、夢中で何か他のことを考えていると大事に持って行かなくてはならないものを忘れてしまうんですね。

そんな大失敗から次からは必ず財布とかを確認するようにしていますが、最近の車にはほとんど ETC ですからそんなことはあまりないでしょう。

今回の場合はたまたま借りたトラックだったからいけなかったんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください