【胸が急に痛くなった その処置は】胸が急に痛くなった。心臓のあたりで。しばらく様子を見たけど治りそうもないので病院へ直行。 その結末は。




私のことです。ちょっとこんな経験をしたので書き留めておきたいと思います。

同じような症状の方には参考になるかもしれません。

夕方6時頃夕飯を済ませ、仕事が残っていたので事務所でパソコンに向かって仕事をしていた。

午後の7時を少し回った頃、胸が痛み出した、心臓のあたり。

おかしいな痛いと思ったが、すぐに治るかと思って様子を見たがその様子は全くない。結構な痛みだ。我慢できない範囲ではないなちょっと気になる痛み。

どうも心臓がおかしい。痛みは止みそうもないのですぐに病院に電話。そしてすぐに病院に出かけた。

家から病院までは車で10分くらい。車に乗って病院に着くまでの間にだんだんと痛みが和らいできて病院に着いた頃には痛みがほとんどなくなった。

しかし胸の方は若干の圧迫感のようなものがあり、またなんとなく吐き気もありちょっと心配になった。

病院は混んでいなかったので、すぐに看護婦と医者が対応してくれた。

まずベッドに横になり心電図を取り始めた。

どうも心電図は異常がないらしい。それと同時に血液を取り血液検査が始まった。

その頃にはだいぶ体も楽になった。

それと同時にドクターから、

今までにこういうことがあったかと聞かれました。私の場合は初めてでした。

今までに朝起きた時に胸が痛かったとか、階段を上がってる時に胸が痛いとか、 運動してる時に胸が痛い事があったかと聞かれましたがそれは私にはなかった。

また家族に脳溢血などで倒れた方はいないかということを聞かれましたが、私の父がもうずいぶん昔のことですけどあったという返事をした。

その後血液検査の結果が出てきて、結果を報告してくれた。

医者の言うには異常は認められないということでした。

その後違う人によってエコーだと思いますが、検査が始まった。

その結果も特には問題が見受けられないという結論でした。

その後ドクターは




こういった胸が痛いという症状の場合は血液検査をしてもすぐにはその内容を反映されないようで、そういう症状があってから4時間くらい経ってから血液検査をしないと分からないそうです。

すでに2時間くらい経過していたので、 あと2時間くらい待って血液検査をしたいということでした。

ドクターの言うには、一番の最悪な条件から考えて対処するので、その血液検査はどうしてもした方がいいということでした。

その頃には気分もだいぶ良くなってきて、看護婦さ

んとも色々と話ができました。

私のように急に胸が痛くなったから病院にかかる人ってのは結構いるんですかと聞きましたら、結構いるようですね。

でその人たちはその後はどうなんですかと聞いてみたら、その後は病院に来ないという方も結構いるらしいとのことです。

次の血液検査まですこし時間があったのでベッドの上で横になっていたらすやすやと気持ちよく寝てしまった。

時間になったので起こされて再度血液検査になりました。

採血してから1時間くらい経ったと思いますが、血液検査の結果が出てきました。

ドクターが言うには特に異常は認められないという結論でした。

私としては本当に安心をしました。

しかし、病気というのは測定結果だけでは判断できないということもありますから、これでは安心できませんのでまだまだ心配が続きそうです。

運動とか身体を使う仕事をしている時に、こういう症状が出るということはあるようですが、私のように単なるデスクワークをしている時になるというのはちょっと不思議のようでした。

ですから余計にこれは心配なものかもしれません。

全ての検査が終わりとりあえず問題はないということで 、お金を払って家に帰ってきましたがやっぱりちょっと心配です。

ドクターの言うにはこれからそういう症状が出なければ問題ないでしょうということでした。私としてはそういう症状が出ないことを祈っています。

 

これは私の体験談です。覚書にブログに書きました。


追記

もしかしたら、検査後なにか原因が分かり、即入院なんてことも考えられますから、やっぱり検査は必ずした方が良いですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください