【腹筋ベルトの危険性・大惨事がありました】 ダイエットと腹筋をつけるのにいいということで巷に出回っている腹筋ベルトを使ったら大変なことに。実際にあった危険な話。



腹筋ベルトとは、腹筋に電気的な刺激を与えるベルトで、その名の通りお腹に巻いて(または貼り付けて)使用すると、腹筋が付いたり、ダイエット効果があると言うもの。

これは私の友人の話です。

友人も太りぎみなので、宣伝文句に大変良い事が書いてあるのでこの腹筋ベルトを買って毎日使ったそうです。

確かに、効果はあり多少のダイエットできたそうですが、 その後大変なことになったそうです。

ある日、深夜にお腹がものすごく痛くなり、目が覚めてとりあえずトイレに入ったそうです。するとお尻から真っ赤な鮮血がものすごくの量出てびっくり仰天だったそうです。便器ば真っ赤にだったそうです。

我慢ができないほどの痛さなので救急車を呼んで病院に行ったそうです。

病院の診断は腸が破裂して出血したそうです。

そのまま総合病院に入院したのですが数日で退院ができ、 とりあえず正常に戻ったそうです。

調子が良くなったので、普通の生活をしていたのですが、また同じ様に腸から出血をしてしまい、救急車でまた病院に行ったようでした。再度入院。

今までそんなことがなかったとの事ですから、 因果関係を考えてみるとこの腹筋ベルトの振動により、腸に影響が出て腸が破れたのではないのでしょうか?

本人に話ましたら、確かにと言ってました。



人によって違うかもしれませんけれども、この腹筋ベルトによる振動というのは内臓には良くないのかも知れません。

友人は今では使用してないので、その後はそんな事はないそうです。

腹筋ベルトの能書きは、エクササイズで2kmから2.5kmくらい走ったことになったり、腹筋が鍛えられるなどということが書いてあります。

この商品はダイエットできるので知らない間に腹回りの肉を落としてくれると書いてあり、また安全であるとも書いてありますが、ちょっと疑問です。

どちらにしても危険ですから、危ないと思った方はやめた方が良いのではないでしょうか。これは私の友人の本当の話です。

またネットで調べてみると

使用したことに関連して、ショック、やけど、 あざ、皮膚炎症、痛みが発生したという報告があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください