【スキーヤーおじさんの無礼割り込みが迷惑】これはスキー場での話である。リフト待ちの時にスキーのおじさんがどんどん割り込んでくると言う、無礼な話。確かに。



先日スノーボーダーの方と話をしていたら、 スキー場でリフト待ちをしている時に、スキーヤーのおじさん達がどんどんと前に割り込んできてしまう。

その話を聞いた時にハッと思いました。

私も好きでスキーを滑る方なので、リフトには何回も乗ります。そんな時にボーダーがいると確かに横をすり抜けることがあります。

我々スキーヤーから見ると、ボーダーの方は前に進むのが遅いので前が空いているように見えるのです。よってそのまま追い越して進んでしまうことがあるんですよね。

この時に考えてみたらボーダーの方は自分では遅いと思っても前にスキーヤーに入られると割り込んできたと見えるのかもしれません。

その話を聞いた時に私は、細かな心遣いがなかったと反省をしました。

我々スキーヤーは気がつきませんが、ボーダーの方々にとっては非常に気分が悪いのかもしれません。



最近は私はボーダーがリフト待ちで並んでいる時に、前が空いているので私は進んで入ることがあります。その時にはボーダーに一言かけて、ごめんなさいねで通過するようにしています。

スノーボードという構造上のもので仕方がないかもしれませんが、リフト待ちで前に進時に速度が遅くなる、またどうしても前方が空いたような形になるので、スキーヤーとしては空いてると判断して追越て進んでしまうんですよね。

スノーボーダーの方にもできるだけ前に進むようにお願いしたいと思います。

それにより喧嘩になったということは聞いていませんが、割り込んで入られた方はあまりいい気持ちではないかもしれません。

ただスキーヤーとしては割り込んだという意識がないので困ったことです。

何年か前にスキーが大全盛の頃はリフト待ちの時に我先にと進まないとますます乗れなくなってしまうという経験があるため、前を開けずにどんどん進むという習慣がついているんです。

まあお互いに譲り合って楽しいスノースポーツライフを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください