【事故情報 スキー、スノーボード用ヘルメットでバイザー付の問題点】スキーでバイザー付ヘルメットを使用したのですが、こんな体験をしました。ちょっとこれは注意した方が良いかもしれません。補足追加



自分では恰好いいと憧れて、スキー、スノーボード用ヘルメットでバイザー付を昨年購入してそれから使用していました。

今年もそれをかぶって使用していたのですが、 先日あるスキー場で、色々細かいところの練習中に転倒をしてしまい、ちょっと怪我をしてしまいました。

その怪我というのは目の下に、ゴーグルにより若干目の下に切り傷になってしまいました。

目の下の部分の赤い傷が今回のもの

この時の状況は

ゲレンデは少し緩んできて柔らかい状態(少し荒く滑りにくい状態)。斜面は中斜度のゲレンデ。そこでターンの切り返しの練習をしていたのですが、切り替えがうまくいかずスキーがひかかってしまい見事に転倒したものです。



転倒した場所の外れたスキーのある場所から、本人は十数メートル落下しました。

結構斜面がきついので立ち上がってスキーの場所まで上がって行くのに結構苦労しました。

(後で上級者に怒られました。そんなヤバいところで、そんな練習してはいけないと。斜面が急で落下が大きいのと腐れ雪だから無理だと・・・)

その転倒した時のことは一瞬のことですからよく覚えていませんが、後で見ると目の下に傷がありました。

そこそこのスピードも出ていたので転倒も結構強烈だったんではないかと思います。転倒した時に多分頭の方から雪面におちたのでしょうか?

傷というのはゴーグルの下の部分に圧力がかかりそれが顔面に付いたもの。

そんなに大きな傷ではなく出血もほんのわずかですのでたいした傷ではないのですが、これが目の部分でなくて良かったなと後でほっとしました。

こういうことを考えると、普通のヘルメットと普通のゴーグルの方が安全かもしれません。

普通のゴーグルの場合には、レンズの周りがゴムみたいな弾力があるものがあるので、このような衝撃があっても顔面に傷がつくということはないような気がします。

しかしこういったバイザー的なヘルメットの場合は、 バイザー(ゴーグル)部に圧力がかかった場合は 、下の部分が押されますから当然その部分が顔に強烈に当たるということになります。

普通のゴーグルだと全体的に圧力がかかるのではないだろうか。

オリンピックなどの選手もそうですが、多くのスーパー選手たちは普通のゴーグルをしてますね。こういうことが分かってるのかもしれません。スキーのプロ級の場合には相当強烈なスピードで滑りますから、転倒したらすごい衝撃でしょうからねえ。

結論的には、私の このような経験から普通のヘルメットとゴーグルの方が、 スキーヤーとかボーダーには安全の様な気がします。

また、 バイザー スタイルのヘルメットの場合は、バイザー部を上に簡単に押し上げることができます。これが逆に仇になって、転倒した時に上の方にずれて、そしてそのバイザーの下の部分が衝撃で目に当たった場合は、大惨事になることが考えられます。



私個人的には、 サイバー付きヘルメットはやめて今までの通常のゴーグルとヘルメットを利用したいと思っております。


追記・・・

今回の転倒は無理の操作がいけなかったのですが、後で気が付いたら胸の上肋骨が痛い。どうも肋骨にもヒビが入ったようだ。
下で見ていた友人が、結構豪快だったと言ってました。
皆さん気を付けましょう。
その後何回かゲレンデに出かけてますが、もうこのサイバー付ヘルメットは使用しておりません。
今シーズは練習の介あってか、ターンの感触がいままで違ってきて良くなった。先輩からも評価を受けた。切替しがスムーズに上達した様な気がする。
しかし、ビデオで自分の滑りを見ると、まだまだいまいちだ(泣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください