【大変重宝するお気に入りのデジタルカメラ】今やデジタルカメラはものすごい種類の数があります。それぞれに具合が良いでしょうけれども私のお気に入りのカメラがこれです。



カメラはそれぞれに一長一短があり、どれが悪いとかは言えないと思います。いくつかのデジタルカメラを使いましたが最近はこれがお気に入りで使っております。

そのカメラはオリンパスの「 STYLUS 1s」

発売されてからしばらく経ちますが。未だにお気に入りで現役で活躍しております。

もちろん本格的な写真を撮る時には、あるいは仕事上で写真を撮る時には一眼レフを使っておりますが、ちょっとした旅行する時などはこちらのカメラを持って出かけております。

なぜこのカメラが良いかと言うと次の項目が挙げられます。

・小型のデジタルカメラである。

・レンズの明るさが広角から望遠にしても2.8という明るさを保持している。 これはちょっと望遠で撮る時に強みです。テレ端300mm相当(35mm換算)F2.8。



・ファインダーが付いているってこと。コンパクトデジカメ等には ファインダーがついていないカメラがいくつかあります。日差しが強い明るいところで撮る時には液晶画面が見にくくてなかなか思うように撮影できないことがあります。こんな時にはファインダー付は最高です。

・ 映像センサーは約1/1.7型CMOSセンサーで、有効画素数は1,200万画素。

・液晶モニターは可動式なのでいろんな角度で撮影できるのでこれもとても良い。

・レンズカバーが自動で開いたり閉じたりする。だからいちいちカバーのないカメラのように取ったり外す必要がない。電源を入れるとカバーが自動的に開いてくれるからだ。

簡単に言うとこんなところが大変気に入って使ってるカメラです。

旅行するときなど大きなカメラは結構邪魔になるものです。

本格的な撮影目的で行く時には大型カメラを持って行くのですが、ちょっとした仲間内の旅行とかバス旅行などはこのカメラで十分用が足りております。

トルコイスタンブール付近

また私のようにスキーに出かける者にとっては、大型カメラは滑る時には本当に邪魔になります。このカメラは首からぶら下げてスキーウェアの中に入りますから気楽に持ち歩くことができます。



あとは私の希望ですが、広角側が20mmくらいだったらもう旅行には最高ですね。旅行などは建物内で撮ることがあるので広角が嬉しい、また風景をバックに写真を撮る時、後ろの風景が良く入るからです。

【ニコンのカメラのwifi設定が不安定 解決】ニコンのカメラに「ネゴシエーション中」の表示が出ていっこうと接続されない。繋がるようになりました対策。





私の現在使っているニコンのカメラはP900。

これをスマートフォンに wi-fi 接続でカメラと繋げようと思うのですがどうも思うように繋がらない。

何回かやってるうちに一度は繋がったのですが、その後また電源を落として設定をしたところ全く繋がらなくなりました。

カメラ側に「ネゴシエーション中」という表示が延々と出て全く繋がらないのです。




色々な方法を試してみましたが、なかなか思うようにいかず、半分諦めかけてみたのですが次の方法をとったところその後は安定に繋がるようになりました。

スマートフォン側の設定です。

WiFi 設定を立ち上げて、

右上の縦三つのボタンを押して設定画面を出します、

するとその中に wi-fi の詳細設定というところがあります。

その中にpasspointという項目があり、それがオフになっていましたのでそれをオンにしましたら、安定して繋がるようになりました。

ただし、私の使っているスマホは、 LG社製のLG5ですので他のスマホのことはわかりません.

うまくいきましたよ!

ニコンのデジタルカメラの wi-fi 接続は相当に多くの方が接続できずに苦労してるようです。内容的には私とほとんど同じようなことで悩んでる方が多いようですね。


その後何回か使ってますが、全く問題なくすぐに繋がります。大変快調です。

強いて言えば贅沢ですが、スマホのソフトを立ち上げたら、自動的にニコンのワイファイ設定に変わってくれると、 WiFi 設定への切り替えがなくて楽なんですけどね。


違うメーカーのスマホでも、 wi-fi 接続がうまくいかないなんていうのがたまにあるみたいですけれども、この設定ができれば、もしかしたらうまくいくのかもしれません。

カシオのデジカメでテストしてみましたがこれも快適につながっております。

以前どこのメーカーか忘れましたが、やっぱり wi-fi 接続がうまくできなくて断念したことがありましたが、この設定ができれば直っていたのかもしれません。

同じようなことで悩んでいる方は一度試されてみてください。

【PANASONIC DMC-FT1 防水コンパクトカメラ 評価】しばらく防水カメラということで、水場で撮影を楽しむためにこの機種を持っていましたが手放すことになったのでちょっと記事に。それとジャングルの中の遺跡の話!




防水カメラというものは一つは欲しいものですね。以前もベトナムに旅行に行った時に、たまたま台風にあってしまい、途中豪雨の中のジャングルを移動するということがありました。

日本だったらそんな台風の時に、観光客を移動させるなんてことはないでしょうが、ベトナムではありました。と言っても我々は団体旅行ではないので、 個人的な海外旅行なのでガイドは気にしていなかったのかもしれません。

そんな時でも、やっぱり珍しい景色があると写真を撮りたくなります。通常撮影に使っている一眼レフカメラで撮影するのができませんので、そんな時にこのカメラが発揮しました。

豪雨のジャングルの中で遺跡を見た何という思い出が映像として残っています。

そんな時に持ち歩くにはどうしても防水型のデジタルカメラが欲しいものです。そんな理由からこのカメラを長いこと、あまり使用しなかったのですが、最近はほとんど出番がなくなってしまったので手放すことになりました。

思い出を含めてここに記事を書いて残そうかと思い投稿しました。

そこそこ何年か前のカメラですが、動作には全く問題がなく撮れ方も結構良かったです。

今はデジタルカメラが巷にはたくさんありますので、また防水カメラも水深何メートル何というすごいのもありますから、いざ必要な時はそういうものを手に入れて持ってくのはいいのかななんて考えています。

ベトナムのジャングル、と書きましたが、この時はベトナムの中部の辺りにジャングルの中にあまり知られていな遺跡がありそこを訪ねて行きました。

当日は台風が来ているということで、そこの入場は難しかったのですが、何か天候が回復しそうと、いうことで入れることになりその遺跡を訪ねてきました。

こちらはイメージです

ところがその後天候が悪化して凄い豪雨で、行く時にはその辺の川でも足のくるぶしが埋まる程度の水しかなかったんですね、帰る時にはもう腰になるくらいに水深が深くなり、実を言うと遭難しそうでした。まあこれが海外旅行の醍醐味かもしれません。




あまり人に知られてないジャングルの中の遺跡なんてものも見て歩くのも面白いです。

カンボジアでもあまり知られていない田舎の遺跡を見に行ったことがあります。もちろん人に知られていないところですから観光客みたいな人は誰もいません。地元の農家の方々のみです。この世界がまたいいんだな。

プノンペンから車で3時間くらい、ミニアンコールワッとト言われる。我々以外でいるのは近所の子供たちだけ