▶血圧の薬での副作用 実際のあった話(体験談)

これは私の経験談です。

ある、同じ地域の係り付けの医者にお世話になっておりましたが、少し血圧が高いかなと言われて、血圧の薬、2種類を処方され飲んでました(数年)

ある時、他の病気の薬の影響でジンマシンが出てしまい、いつもの係り付けの医者でなく違う近所の医者に診てもらいに行きました。

すると、そのドクター、私の顔を見るやいなや、えらい赤い顔してるねえ(私の顔の異常に気が付いたようだ)・・・薬なにを飲んでると聞く。

で、現在毎日飲んでいる処方された薬の説明をしたら、その薬は副作用で陽に焼けるそうです。

確かに、鏡を見ると自分の顔がいつも赤く、友人からは昼間から酒飲んでる?なんて言われてました。

当時、仕事で不規則な睡眠をとっていたので、そのせいかと思っておりましたら、違う様で、血圧の薬の副作用でした。




次に、またドクターが空咳が出ないかと聞く、確かにタンはないのですが、よく咳が出た。特にお葬式などで、出してはまずい所で出るんですよね。

その話をドクターにしたら、それも血圧を下げる薬の副作用との事。

前の医者はそんな事、ひとこも言わず何年も診て頂いていましたが、ここのお医者さん、すごい!

主治医を変更した。その後薬を変えてからは一切その症状は出なくなりました。

血圧の薬で体調が悪くなると言うものでは無かったのですが、やっぱり気を付けないとね。
前の医者は薬だけ与える儲け主義か?

そして、

ただ、これは私の場合だけだと思うのですが、血圧を下げる薬を飲んでると、時により血圧が下がり過ぎて、お風呂に入った時ちょっと長湯すると貧血に。

またお酒なども飲むと血圧が下がるので危なくなる。

よって最近は血圧はそんなに高くはないので飲まないようにしている。

 

気になることなんですが・・・

不思議が事に、結構倒れて病院へ行ったと言う先輩の方々にその頃の血圧はどうだったかと聞いてみると、私が知る範囲ではほとんど血圧は高くないと言う人ばかり。

一件、近所のおばさんが、お風呂で亡くなった事がありましたが、多分血圧下がり過ぎてお風呂の中で貧血、そのままダウンしたのではないかと思う。

血圧は異常に高い場合は別として、通常高めの場合、体が必要としているから正常ではないかと思う。

血圧を下げるために運動とダイエット(実体験)この効果は??


 

▶老化と若さ これを保つには・・

2016-11-24_14-20-20-637

結構難しい問題・・

50才位からその上の人たちを観察していると、若々しい人と、年に似あわないすごく老けている人がいる。

シワの問題もそうだが、顔のツヤとか。女性は化粧とかで結構化かす事ができるが男はそうはいかない。

健康の人と健康でない人みればすぐに分かるよね。顔の色つやが違う。

顔つやが悪いひとは、多分肌も良くないと思う。また肌が良くない人は内臓も良くないと言う私の自論だ。

(内臓の内面(肌にあたるところ)が弱くなり、よって刺激物とかなにかの食物で傷がつきやすくなったり、など、弱くなると言うこと)

なぜかと言うと人生長年生きてきて周りの人を観察すると殆どがそうだ。

逆を言うと内臓とか体の調子が悪いから顔色が良くないと言う事になる。すると肌が老化してると言うことは体が自分の体をまもる必要な脂分が無くなり、自分が気が付かないどこかが悪くなりつつあると言う可能性が多大だ。例えばガンの抵抗力が落ちてるとか・・・

じゃあどうするか?と

良く恋をすれば老人でも元気だと、確かにそれは言える、周りで老人でも恋をしてる人は元気だ。

しかし、なかなかそうはいかないものだ。

 

前にブログにも書いたが、私が脂抜きの食事を何ヶ月がしたことがある。その時のブログがこちら

▶肌が老化そして回復

この時、脂抜き食事としてたら(野菜食が中心)肌にツヤがなくなり、すごく肌が見た目で老人化してしまった。

自分でも自分の肌を見た時、なんかツヤがなくなったと思っていたらた友人から、どうしたの?その肌?老人みたい。と言われてすごいショックを受けた。

その後通常に、揚げ物とか、天ぷらとか焼き肉とか脂物を食べる様にしたら肌も戻ってきた。

その時の自分の健康は別に悪くは無かったのですが、肌が老化してると言う事は内臓も同じ状態で老化してると考えられる。

あのまま、脂抜き食事と続けていたら、なにかの病気になったのではないかと思う。

機械の潤滑油と同じで、体にも脂は大変必要なものではないかと思う。

先日テレビに出ていた90何歳かの長生きしてる方が、大好物だと言って、カツを食べているのを見たことがありますが、あれが健康(老化防止)の秘訣ではないだろうかと思う。

あれだけ元気なのは脂と肉の摂取効果か??

 

余談だけど、僕はカツが大好き!!

 

これは私が体験した事で、こうではないだろうかと仮定した内容です。人々全員に当てはまる事では無いと思います。ご参考に!



▶他人事でないボケの体験談 腰が・・

ボケ、人間人生の週末を迎える頃、殆どの人がなる病気?と言うかこれが普通か・・・・

もう他界した私の母親、私が見ていたのでそのボケが良く分かる。

2016-11-23_00-34-28-129

ある時の話・・・・

その時の母親の年齢はもう90過ぎていた。

ある日、母親を連れて近所のスーパーに買い物。母親は買い物カートを押しながら、食品を物色中、私は見ていなかったので分かりませんが、どうも誰かに押されたみたいで腰あたりが痛いと言う。

家の帰ってきても、痛いと言う。まあ歩けるし、1日様子を見ようとそのまま。

次の日、また同じく痛いと言う、前日よりもひどいようだ。これはまずい! すぐに整形外科に連れて行き、診察してもらった。

レントゲンを撮ったりしたが、まあ少しの問題はあるが、医者の言うには別にこの年ならこのくらいは問題ないだろうと・・・

 

しかし、次の日も次の日も痛がって仕方がない。本当の困った。医者へ行きたいと言う。

もしかしたらヤバイかもと、兄弟親戚を呼んだ。

痛みは全く治らないので、3,4日後また、整形外科へ行って先生に診てもらった。先生は異常ないと言う。

先生曰く、来てもらってもどこも悪くないから、困ると・・・ 叱られた。

 

本当の困り果てた。まあ痛くて死にそうとは言うがとりあえず、飯を食ったりとか生活はなんとかできている。

実は私、その後1週間後に1週間の海外旅行が予定あり、場合のよってはキャンセルかと!

 

海外旅行の間、ディケアーしてもらってる老人ホーム(施設)に預けてお願いする事に。

そして旅行当日、施設に預けてお願いしました。そして実は腰あたりがすごく痛がるのお願いしますと、担当スタッフにお願いしました、

 

旅行中は何かがあっても良い様に、常に携帯電話は受けられるようにしていました。

旅行中、施設からは連絡もなく、良かったなあと、自分は一安心でした。

 

で、海外旅行から帰ってきて直ぐに施設に行き、母親を引き取りに・・・

スタッフに母親が痛がり大変だったでしょうと聞くと、施設のスタッフは、いえ、何も言わなく元気でしたよと・・????

 

はあ??あれだけ家では痛い、痛いと言ってわめいていたのに、なんでえ~???

 

そうか、母親、子供のガキの様に甘えてるんだ。

 

私が海外旅行に行くと分かっていたので、痛い、痛いと言っていたんだ。まあ、本人は本当に痛いと言う症状があったかも知れないが、精神的なもので、子供が学校行くが嫌だと腹が痛くなると言うヤツ、あれと同じだ。

母親を自宅に連れてきて、この~!怒ってやったが、あまり効き目はないようだ。なんか旅行から帰ってきた私の顔を見たら、また痛いと言っていたが、放っておいたら、2日程たったら何も言わなくなった。

 

まったくも~ ボケと言うかなんと言うか・・・まあ、こんな事がありました。

その後は私が何日か連続で出かける事があっても言わないで出かける様にしてました。

 

きっと今頃天国で笑っているだろうなあ・・・

▶本当にあった不思議な話 仏壇の蝋燭がこつぜんと消えた??(私が経験した本当の事)