【WordPressの日本語化の方法】WordPress を新規にインストールをすると英語表記になっていることが。慣れないと日本語に変更するのには考えてしまう。その日本語化の方法。




私は仕事上で、  Wordpress をサーバー上に設定してあげることが多くあるのですが、インストールすると英語になっている。英語になっている場合には日本語にするのですが、 自分でインストールした方から方法を聞かれました。

WordPress の英語から日本語に変更するには次の通りにします。

まず管理者画面に入り、ダッシュボードを開きます。




ダッシュボードの左メニューにセッティングというのがあります。そのセッティングを開きますとその中に言語を切り替えるところがありますのでそれを Japanese に変更し保存すれば日本語にすぐに変わります。

非常に簡単ですから、悩んだ方はやられてみて下さい。

【大きなファイルを送る宅配便でファイル送ったのにファイルが開かないトラブル】宅配便でのファイルが開かない。その原因は




先日、私のあるお客さんから私が宅ファイル便で送ったファイルが開かないと言う連絡が入りました。

そのお客様は何回もやっても不明なファイルとなってしまいファイルが開かないということ。

仕事の関係でデータと画像などをちょっと大きなサイズですが圧縮してファイルの宅配便でその方に送りました。

お客様からの苦情を受けて、自分でそのファイルを開けてみたのですが問題なくファイルは開きました。

ということは、 お客様の方で何か手違いをしているのではないだろうかと想像をしました。

確認をしてみるとダウンロードにしばらく時間がかかるのでそれを待っていたらファイルをクリックしても ファイルは開かないと言う。

今までに他のお客様にも同様なスタイルでファイルの転送などしていますが別にそんな苦情を言われたことがないのですから考え込んでしまいました。

よくよく調べてみたら次のようなことが原因でした。

こんな風には言っていませんがね・・・

ファイルサイズが大きいのでダウンロードに時間がかかります。ちょっとした画像とかファイルなら、すぐにダウンロードが終了するので問題はないのですが、今回の場合はデータ量が多いので少したくさんの時間がかかるのです。

どうもお客様はそんなに時間がかかるとは思わず、ダウンロードの途中でクリックをしてファイルを開けて「開かない開かない」と言ってることが原因でした。




まぁ確かにあまり慣れていない方はそういうことがあるかもしれませんね。

コンピューター画面の左下を見るとダウンロードしてる最中はその表示が出ていますけどそれが終了するまで待ってからダウンロードファイルを開いてください。とお願いをいたしました。

意外と単純なことですがこんな事で故障ではないかと心配する方もいるんですね。

人のことは言えません

たまに大きなファイルがが宅急便などで送られてきた時に、あまり確認もせずもうぼちぼちダウンロードしているだろうと思いクリックしてしまいファイルが開かない事ってあるんですよね。 よく確認をしてみるとダウンロードの途中でした。よく失敗する例です。

【車載オーディオ機器の雑音対策】カーナビにアンプを繋いだらバリバリという雑音。その雑音の原因とその対策。雑音がなくなり解決できました。





今回はサンヨーのカーナビ、ゴリラのオーディオ出力が小さいために、運転中に音楽などをかけても聞こえない時がある(うるさい車なんで)。なんでもっと大きく音が出るように設定しなかったのかなと不思議なくらい。

そこで近年の量販店に USB の電源で動く2 W くらい出るスピーカーがあったので買ってきて取り付けてみた。電源は USB 電源です。

そしてカーナビゴリラの電源も USB から取っていました。

実際に取り付けてみるとジリジリというような大きな音でひどい雑音が出る。

ただしダイナモのビューンと言うような音ではなく全くジリジリと雑音が出るので。

同じ位置からの USB 電源を取っているのでそれが何かの影響かと思い USB 電源を別にして、それぞれに USB 電源を取ってみたが全く同じように雑音が出て消えませんでした。




そこでUSB(5V)の他にあった電源でも全く同じように雑音が出る。 色々試してみたが12 V から USB 電源にする装置を経由するとその雑音が出る。

調べてみると、12ボルトから5ボルトに変換しているのはスイッチングレギュレーター。原因はこのスイッチングレギュレーターから出るノイズによるものが原因ということだ。

ijmaki / Pixabay

そこで電源を5Vのバッテリーから取ってみると雑音が全く出ない。

面白いことにカーナビとアンプそれぞれ USB 電源で使うのですが、どちらか一方をバッテリーから給電すると全くノイズが出ない。

どうも調べてみると、スイッチングレギュレーターから電流を出そうとすると、その電流が大きくなってくると余計に雑音が発生する。

そこで第1弾

カーナビとアンプの電源はこの2つのUSB電源からとった。

多分このタイプは説明書はなくなってしまったので、仕様の詳細は不明ですが、多分USBの出力は1A程度だと思うから、これでは無く大きい出力をもっているもを入れてみた。

2ポート 4.8A 24W 高出力のUSBカーチャージャーと言うもの。

これを刺し、このUSBの口からそれぞれの電源をとりテストしてみたら、雑音は少し減った。車を運転中で周りの雑音がある時は、とりあえず気にせず利用はできるかなと言う範囲。

しかし、気に食わない。

原因はなんだろう。最終的にアースラインが一緒で、電源アース、オーディオ配線のアースがループになって雑音が乗ってしまっているのではないかな?と。

しらべてみたら、オーディオ回線で、直流的に切り離すらしいものが販売されてるのを発見。

中味の事は分からないが、多分コイルでトランスの様にしてオーディオを繋げているのではないかと考え、購入して取り付けてみた。

結果は、止まりました。とは言っても完全ではありませんが、全然無視できる範囲に雑音が出なくなりました。

電気部品を販売している方に聞いてみたら、これは今回のようなカーナビではなくても、無線機なのでも同じようなことが発生するようです。

原因は12ボルトから5ボルトに変換するスイッチングレギュレーターが原因で、-アースラインが問題のようです。