【夏の暑い時期に起こるクーラー病の話】暑い夏、外仕事をしていると汗びっしょりになるそして体を冷やすために車に乗る。その時に起こる病気





これは実際に私が体験したことであり、また友人も同じような状態になった。

そんなクーラーに関する病気の話です。

真夏の暑い日に、外仕事をして汗びっしょりかいて。

その後移動のために車に乗る。

jill111 / Pixabay

暑いので車のクーラー全開で、自分の体に冷風を当てる。これって気持ちがいいんだよね。

そんなことを続けていた8月の中旬の終わり頃、股関節あたりが痛みが出てきた。




初めての経験だったのでどういうことかわからなかったが、多分自分の体に冷風の当てすぎだろうと想像しました。

そしてその後は絶対に自分の体に直接冷風を当てないということをしていましたらその痛みもだんだんと治ってきました。

結論は体が熱い熱いと言っているから気持ちがいいので冷風を直接自分の体に当てた、これが原因なんですね。

その後ある友人と話をしたら、やっぱり同じ状態のようでしたので、それはクーラーによる原因だよ、ということで直接 冷風を体に当てないようにと話しました。、彼は実行したようで、やっぱり治ったようでした。

どうしてもものすごく暑い時にそして汗をしっかりかいた時、クーラーの前に立ち直接風を当てて体を冷やしたくなりますよね。

これは車ばかりではなく、一般に汗びっしょりに書いた後にクーラーの前でに立って体を冷風で冷やすということが良くないようです。

結局急激に体を冷やすからおかしくなるんでしょうね。

今年の夏は暑いです。こういったようにクーラー病みたいなものがありますので皆さんも気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください