【炎天下のあちちの車対策】炎天下の駐車場に車を停めておくと、車の中がものすごい温度上昇になっている。その室内温度を早く下げる方法





今年の夏は特に暑いですね。外出した折に駐車場なんかに車を停めておくと、車の中がちんちんに熱くなっている。

室内温度が少しでも上がらないようにと窓を少し開けたりするのですがあまり効果はない。

また防犯上のことを考えると、窓ガラスを少し開けて車から離れるということも気になるのでやりたくない。

車の室内の温度が炎天下で上がるのは仕方がないですね。たぶん50°とか60°になっているのではないでしょうか。

そんな時に車の室内温度を早く下げる方法があります。結構効果的なので試されてみてください。




普通は運転席に乗って、運転がドアをちょっと開けてしばらく待つのですが、その時に反対側のドアも開けます。できれば全部解放がいいですね。

次に、どれか一つのドアを、バタンバタンと音をするほど数回開閉します。もちろんその時の窓ガラスは閉めておきます。

そうするとその開閉で車の中の暑い空気が外に出ますので、外気温と近くなります。

バタンバタンするドアから風を送って車内の暑い空気を外に出すということなんです。

もちろん暑い時は外気温も暑いですから、クーラーが効いたような涼しい風というわけにはいかないですが、でもエアコンを効かせて早く効果が出るにはこの方法が結構良い方法ですので試されてみてください。

この方法のミソはドアをバタバタ開け閉めすることです。

コツとしては、ゆっくり開けて、バタンと勢い良く閉める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください