【本当に神様はいる・・・・どこに】人類には宗教というものがどの人種にもついて回っている。この宗教により大変な戦争が起こってることが事実。本当に神様っているのだろうか?




全世界にはいろいろな宗教があり、それぞれに神様がいてそれを信じて、弱い人間我々は、神様に助けを求めるのだ。
しかし本当に神様っているのだろうか?

私は、父親が亡くなった時に、お坊さんの説教を聞いた時に、その話に感動しそれから少し宗教の本を読んでいた。
仏教の本から、新約聖書、 旧約聖書などなど、しかしなかなか難しくて十分な理解ができなかったことは事実である。
しかしお釈迦様が16歳で出家して、天上天下唯我独尊と言って菩提樹の木の下で 説教を説いたなんていう話は覚えている。

4144132 / Pixabay

やっぱり一番残念なことは、宗教の違いによって争いがものすごく起っているということが本当に人類にとって悲しいことである。
そんな時に何でそんなにたくさんの神様がいるんだろうと考える。またそんなに神様はいっぱいいてもいいのか。
それと問題は新興宗教のように、営利を目的として宗教を勧誘している団体である。商売としては良い企業として成り立つのだろうと思う。
宗教は考え方を変えると、洗脳である。だからその宗教を信じてしまえば全てそれに準じてしまうから。多分、人を殺せと言えば殺しちゃうんでしょ。
大変怖いことである。


しかし、 宗教を信じたことによって、自分の今まで悪かった体が治った、なんて言う人もあるし、またある宗教を信じたことで事業が成功したなんていうこともある。
ただ私の知り合いであるホテルの経営者がいました、その経営者はホテル運営が厳しくなってきた時に、一生懸命宗教家を呼んで 拝んでもらっていたが結果は全く駄目でした。私はそれは当然だと思う。なぜかと言うと他力本願なのだ。
私はイスラム教のことはわからないが、お釈迦様にしろ、イエスキリストにしろ彼らは自分の財産というものを持たなかった。 しかし新興宗教を見た時は全て金金金なんだよね。
話によると、新興宗教を信じて全ての財産を注ぎ込んで、その後は何もなく、財産を返してほしいという要求をしたらしいが、もちろんそれは返ってこず悲惨な目にあったという人がいたそうだ。


で本題であるが
神様って本当にいるのだろうか?もしいるとしたらどこにいるのか?
神様って本当はいないんじゃないのかな?
色々と考えますよね、私の考え方は神様はいると思います。ただ神様は考えるような物体ではなく抽象的なもの。
ではどこに神様がいるということになってきますが、それはあなたの体の中に、あなたの心の中にいるんですよ。
宗教は、自分のその体の中にいる神様をその宗教の持っている仏像みたいなものに置き換えて、そして人間はそれに頼み事をするのです。
早く言えば自己暗示なんですよね。


宗教を信じたことによって、色々なことが良くなったっていうケースもありますから決して悪いと言いません。そのよくなった理由というのは、その神様に毎日毎日お願いしたことによって、自分の体の中の心の神様にお願いをしたということになります。





すると自分の体の中の神様は、その願い事も一生懸命吸収するように頑張ってくれるのです。
よく信じることによって目的は達成されるというような言葉を言っている方々が多いですが、これがまさしくその例だと思います。
信じるということは、自分の中の神様を信じているということです。
まだ解明はされていませんが、不思議現象でテレパシーがありますよね、我々人間それぞれは何となく何かで繋がっているんですよ。


また昔からよくいます「類は友を呼ぶ」。これは良いことを考えていれば良いことが起こる、悪いことを考えてれば悪いことが起こるということも意味しています。
また友人友達というのは、自分と同じようなレベルの人が友達になります。これもその結果ですね。
ですから自分がなりたいと思う人間になるには、いつもそのことを考えて自分がそうだということを信じて自分に言い聞かせる。つまり神様にお願いするということなのです。
神仏に訪れてお参りするのは、決して悪くないと思います。お参りする時にその神仏に向かって、どうぞその私の願いを私の体の心の中に、私の体の中の神様に入れて下さいとお願いするのが一番良いのではないでしょうか。
私の友人に、
もうその方は亡くなってしまいましたが大先輩、大きな事業を成功された方がおります。その方は、
一緒に神社へ行ってもお参りはしません。ただしお賽銭を入れていました。彼に聞いてみると、それは神社仏閣を文化財として残すための資金だ、と言ってました。


その方はとても頭の いい方でしたので、今ここに私が書いてあることを理解していたのかもしれません。
先ほども書きましたが、宗教によって多くの戦争があります。本当に悲しいことです。
日本人は仏教の国にいますが、多くの人がそんなに深い信仰は持っていないのではないかと思います。少し悪いオーバーな表言をすると無宗教の人が多いのでは?


仏教行事に参加したり、 キリスト教の行事に参加したり、また世界どこへ行っても他の宗教のお寺に行ってお参りもするし・・それは悪いと思わない。
この日本人の無宗教ぶりが平和の日本を作っているのかもしれません。
言い換えれば、世界の人が無宗教になれば全世界が平和になるのでは?
たぶん宗教家に怒られるでしょうね。
自分の体の中に神様がいるということを信じて、生活をすればきっと幸せな人生が訪れるでしょう。
神頼みということは困った時には誰でもあることです。その時には手を合わせて自分の体の中の神様を描いてその神様に頼みましょう。何回も何回も。
結構気持ちが良くなり気分も良くなります。達成感も出ます。
是非やられてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください