【知っていると得する知識】スパゲッティとパスタは同じものだと思っていたら違うんですね。こういうことなんだ。





スパゲッティをスーパーで買い物する時、商品棚をみると、茹で時間が3分とか、5分、8分とか色々種類がある。なんでだろうと疑問に思っていました。

想像では、多分使う材料によって違うんだろうなと想像していましたが、基本的にはそういうことがあるようですが、麺に加工をして早く水分が中に浸透するように加工されているものがあり、それらは時間短く茹であがるようです。

JESHOOTS / Pixabay

それについての詳しいことは各社メーカーの極秘情報ですからよく分かりません。

ところでパスタのことなんですが




私は今までパスタとスパゲッティは同じものだと思っていました。

それは違うんですね、パスタの意味は練り物というものらしいですから、一般的にうどんとかそばとかそういうものもパスタの部類に入るんですね。

しかし人間というものは勝手なもので、元々の言葉はそうじゃなくてもそれが通常使えるようになると、その内容で通ってしまうんですよね。

世の中にはそういう言葉と物がたくさんあります。

だから実際はパスタというものは練り物の総称ですけれども、意外と日本ではスパゲッティをさしていることが多いような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です