【知っていると得する情報・高速道路】高速道路で出口を間違え通過してしまった場合・・・大変だどうしょう!その対策





ご存知の方もあるかもしれませんけれども、最近私はこんなことを知りました。

高速道路で、自分の降りるインターチェンジを間違えて通り過ぎてしまった。

ということが以前ありました。自分の責任だから仕方がないのですが、次のインターチェンジまで行って料金を払い、そして反対の車線に乗り目的地のインターチェンジに行って降りる。

通常はナビなどを見て注意をして走っているのですが、高速道路がどんどんと建設され新しい道がどんどんとできてきます。

そして古いナビを使っていると、とんでもないことが起こります。

まあこういうことは私以外でも多くの方がいるのではないのでしょうか。私のナビでは新しくできた第二東名高速がまだ掲載されていなく、また私自信もそこに高速道路ができたということを知らなくて、そのまま走っていったらとんでもない方向に走っていたと言うことがありました。




私は、次のインターチェンジで清算して降り、仕方がなくまた反対車線に乗り、目的の方に走って目的のインターチェンジで下りました。

ちょっと長い距離になると結構無駄な料金がかかってしまうことになりますが、次のことを知っているとそれが解消できます。私は知らなくて本当に残念でした。

それは

高速道路には 「特別転回」という方法があり、この方法を用いますと大変良いことがわかりました。

その方法とは、最近は ETC などが多いですが、自動ゲートではなく人が料金計算をしているゲートに入り、そこで事情を説明するのです。

すると特別転回という処理ができて、そこの係員が詳細な指示をしてくれますので、その指示に従って一旦出てまた戻ってくると、ふたたび高速道路に入り目的に向かうことができます。

そうすると料金は、最初に乗ったところから目的地までの料金となりますので、無駄な料金を払わなくて良いことになります。

私は知らなかった。昨年それで大失敗をしたことがありましたので、今考えると残念です。

しかし人のいない料金所などではそういうことがシステム上できませんので頭に入れておく必要があります。また場合によってはそういうシステムに対応できないところもあるかもしれません。その辺は関係各所に問い合わせてみると良いかなと思います。

まあ、間違えないようにすることが一番大事ですね。時間の無駄にもなりますから。

それとやっぱりナビは新しい地図にバージョンアップすることが大事ですね。と同時にスマホを持っている場合は、道路情報のデータが新しいですから、私のように古いナビを見ている方は、スマホによる事前チェックが必要ですね。私はそれを怠っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください