【アマチュア無線のコール切れだと大変な事に】アマチュア無線局のライセンスを持っている方のライセンス切れが大変なことに。罰金です。

専門家から聞きました。

アマチュア無線局というのは、アマチュア無線の従事者免許証というものがないと開局することができません。

しかしそのアマチュア無線局には有効期限がありますので、有効期限が過ぎますと利用することができなくなります。

自動車の免許証と同じスタイルなんです。

アマチュア無線にはコールサインというものが割り当てられ、そのコールサインを言って通話をするのですが、その有効期限が切れているのに、更新手続きをせずそのまま無線機を運用するという方が少なからずともいるようです。

これはアマチュア無線に限らず、各種の業務用無線もそうですね。関連するものは多数あると思います。

免許の期限切れになっても、無線機はありますので通常に通話したり通信することができます。

車と同じですね、車検切れになってもその車は乗ることができますから。

だからついついそのまま有効期限が過ぎてしまっても使用するという方がいるようですね。

免許切れで運用すると犯罪ということになります。そして30万とか40万の罰則金が課せられるという話を聞きました。

色々な無線局の免許を持って開局をしている方々は、つい更新切れなんて言うことがあると大変なことになりますから注意しましょう。

車と違って無線機の場合は、あまり目につかないので意外とそのまま使ってしまう方が結構いるようです。

しかし電波管理局はそういう期限切れの無線局などはしっかりと監視をしているそうです。

もしそういう運用をしてる方があったら、気をつけましょう。法律に則った運用をすることをお勧めいたします。

また全くライセンスがなく不法に無線局を開局している方もいらっしゃるようですが結構罰則されるようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください