【スキー靴がきつくてなかなかうまく足が入らず苦労する、その対策】スキー靴を簡単に履く方法。こんな方法が!





特に寒い朝スキー靴がガチガチに冷えている時は本当に足が入りません。スキーをする方がほとんど経験されていると思います。

私たちはスキー場に向かう時には、車の中のヒーターの近いところにスキー靴を置いて必ず温めてから履くようにしています。

もともとスキー靴は足にぴったりにするためにそしてわずかの緩さも許さないので、履いたり脱いだりする時にとてもきつくて大変なんです。

先日ある友人からこんな便利グッズがあるよと教えていただいた。

これは写真のようにスプレーのもので、シリコンって書いてある。このスプレーは糸がクズになった時にこれをかけるとするすると簡単に解けるようです。

このスプレーをスキー靴の中かかとから上の部分にシュッとかけてやると足が簡単に靴に入ります。

こんな便利なものがあるとは知りませんでした。

スキー靴を脱ぐときはちょっとうまくはいきませんが、もし気になる方は一度試されてみるのも良いかと思います。 また一回のスプレーで何回かは有効のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください