【コーヒーと健康の話、実際の体験談】最近コーヒーはとても良いとあちらこちらで言われていますが本当だろうか?試したらこんなとんでもない結果に。





コーヒーはよく多くの方が飲みます。私も毎日飲んでいるのが実情です。ちょっとした休憩に、そして仕事をしながらデスクの横にコーヒーを置いて飲んでるのはいつもの日常です。

近年コーヒーは体への健康に良いというレポートがあり、私もここ数ヶ月にわたって今まで飲んでいたコーヒーの量より多く飲むようにしてみました。

私、本人の気持ちはきっと長生きで健康になるんだろうなと希望を持って。

ある記事によると、男性はコーヒーを一日6杯以上飲む人は飲まない人よりも死亡率が10%低く、女性の場合は15%も低くなったとありました。

これに従い私も1日約2杯程度から6杯程度を飲むようにして飲んでいました。

またコーヒーは香りがよく、それによる効果もあるようで匂いを嗅ぐだけで脳内の血流を良くなり脳の活性化をするというようなことがあるみたいです。私の場合はちょっと薄めのアメリカンコーヒーですからあまり香りがないのでこの効果は期待できません。

高齢者のアルツハイマーを調べてみると カフェインの血中濃度の高い人は、低い人に比べ2年から4年くらい遅いという結果も出ているそうです。

コーヒーっていいんだよね???

しかしです。私が数ヶ月に渡り、コーヒーを少し多く飲む体験をしましたらちょっと困った結果が出てきました。

まず理由は、利尿効果によりトイレに行く回数が非常に増えます。たぶん体内の水分が出て行ってしまうのではないかと思います。これは別に問題ないですが。

あるドクターの文献によりますと、人間の体は1%でも水分が不足すると体に問題が出るようで、特にアルツハイマーはこの水分不足が問題になるようです。

実際に私が経験してみるとコーヒーを飲みだしてから、記憶力の低下ということはわかりませんが、やる気がある、やる気がないという感情が後で気がつきましたが変化していました。

やる気がなくなっていたんですよね。たぶん体の水分不足だと思います。(後で分かったんですが)

その原因はわからず、やる気がないということが起こってきたのです。それは歳のせいではないかなと考えていました。

どうもコーヒーを多く飲んだために体内の水分が出てしまって体が水不足しているのではないかと思い、コーヒーはほどほどにしてペットボトルに水道水を入れて、喉が乾いたら常に水を飲むようにしました。




若い時はそうでもないですが、年を取ると水分が不足状態に体がなっても本人は気がつかないことがあるようで、こまめに水分補給は大変必要なようです。

水分不足によるアルツハイマーの発症というのはあちらこちらのドクターが指摘していますのでこれは間違いないことだと思います。

私の経験から先ほども書いたように、1日1から2杯のコーヒーを飲んでいたのですが、これを数杯飲むようにしたところが、利尿作用により水分不足に体がなりアルツハイマーとは行きませんが、物事のやる気がなくなる時間多くなってきたんです。

多分これは頭がやろうとすることを瞬時に思い出せないのが原因かもしれません。アルツハイマーの初期症状かもしれませんね。

体の中の水分不足がそういった脳みそに影響を与えるということは、脳みそばかりではなく身体全体にも影響を与えているのではないかと思います。

よくやる気がないとボヤく人がいます(私もそうですが)がこれは体内の水分不足かも知れません。

しっかりと水を飲むようにしてから、朝起きる時に、よしゃ!今日は頑張ってまた仕事するぞと言う元気も出てきました。

また、仕事などのやる気もそれからはまた出てきました。

夏は汗をかくために体内から水分が出るのでやる気がなくなるという症状が出るみたいです。また寒い時は体が冷えて尿が出るのでこれでもやっぱり水分不足になるようです。

だからそのような時はやる気が起こらないんですよね。わかるような気がします。

水も必要以上に飲み過ぎると中毒になり体には良くないようですから、自分に合ったほどほどの量を飲むのが良いではないでしょうか。一般的に1.5リットルくらい1日に飲めば良いということが言われております。

水を飲みますともちろんトイレに行く回数が多くなります。これは仕方がないことですね。また高齢者になりますと、夜中に起きるトイレの回数が多くなるので、どうしても水類を飲む回数を少なくしますね、これは仕方がないと諦めて夜中にもトイレを行くことも良いようです。夜中のトイレの回数を減らすのは出来る限り体を温めておくことが大事です。体が冷えますと当然トイレに行く回数は多くなります。

まあなんでもそうですが食べたり飲んだりっていうのはほどほどが一番良いようです。

あと余談ですが、夜中にトイレに行きたくなって目が何回も覚めて眠れないというような話を聞きますが、確かにそれはあると思います。夜中になんとなくうとうとして眠れない時は、尿意をもよおしていなくてもトイレに行くことをお勧めします。人間の体は膀胱に尿が溜まってくると尿意がなくてもちょっと眠れなくなるようですから。 尿を出してしまうとその刺激がなくなるので安眠できるようです。 試されてみてください。


ここ数ヶ月間コーヒーを多めに飲むということを実行して体験したんですがその間に考えてみたら色々なことがありました。

まずは今までになかったことですが極度の貧血。これはまあ私もまずかったんですがお酒飲んだ後お風呂に入ったらそこで貧血で倒れた。飲酒の後お風呂に入るというのがいけないのですが。しかしこれは今まで同じようなことをしたんですがそんなにはなかったことです。

次は、原因不明の頭がぼーっとする状態。これは2日ほどそういうことがありましたがこんなことは初めてでした。自分の脳みそが自分のものではないみたいな変な感じ。特に生活などは支障はありませんでした。

そして、目が乾燥目になりました。

これらの症状は今までにはなかったことです。もしかしたらその水分不足が影響したのかなとも考えていますが根拠はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください