【車に付ける格安ナビケーションの話題】今ネットでみると数千円から1万円ちょっとの中華格安ナビが売っていますが、はたしてそれはどうなんでしょう?





私の車のハードディスクナビも古くなってきて、2年ほど前にはハードディスクが壊れて一切動作しなくなり、メーカー修理に。30000円もかかってしまって泣きました。

それはさておき、ネットなどで売られている格安ナビケーションはどうなんだろうと、少し前に5000円で売りに出てたのがあったので、ちょっと遊び半分で買ってみた。

もちろん製造は中国が生産国。一般に中華製と言われるやつ。

使ってみると僕の車の地図より新しい(なんせお金がかかるので自分に車の地図バージョンアップしてない)早速車に付けて使ってみると問題なく正常に動作する。結構つかえるじゃん!

(こちらの画像はいイメージです。実際のものとは違います)

しかしデータ量が少ないようで、大きなメジャーな場所とかなどを目的地に設定して走るには問題ありませんが、細かい所のデータが無いので、目的地を検索しても出て来ない事が多々ありました。

また番地検索ではない所が多くあり、田舎では泣いちゃう。

最近はスマホのナビも結構充実しているので、スマホナビと併用すると良いかも知れませんね。

ただし、ネットで評価をみると、やっぱり安物でしょうね、結構壊れると動作が不安定があるようです。私の手元にあるのは問題なく快調に動いています。

まあ、値段が値段だから仕方ないでしょう。


雑談

中華製のカーナビですが、私数年前にも中華製のカーナビを買って車に取り付けた事がありました。しかし、中国も最近は技術が進んできて、その頃の製品に比べたら今回の品物は随分良くなっていました。

日本の技術がどんどん流れているのでしょうね。
今から数年たつと電化製品も日本と変わらなくなるのでは?
もう現在でも日本を追い越している技術もあると情報があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください