【食べ過ぎ健康秘話】栄養が豊富すぎて実は体に害が!?納豆が危ない!本当?




先日あるところにこんな記事が・・・・

栄養が豊富すぎて実は体に害も!?納豆

食べすぎるとよくないのが納豆だ。専門家の解説です。

納豆に含まれる「セレン」という成分があり、それは老化を防ぐ抗酸化作用がありますが、取りすぎると吐き気や嘔吐、肝機能不全などの中毒症状を引き起こすことがあるとの事。

納豆は高タンパクなため腎臓に負担をかけるし、プリン体も比較的多く含まれている。一日1パック程度なら問題ないが、体質や健康状態によっては注意が必要だ。

体質のよって影響が出ると言うことは、結構納豆を食べるのには結構注意が必要なのでは?

いままで体に良いと言われ良く食べていたのですが・・・・・

前にも、大豆が健康に良いと言うことで一生懸命に食べ続けた方の記事を読んだ事がありましたが、悪かった具合は良くならず、かえって調子が悪くなったと書いてありました。
なんでもそうですが、体に良いと言っても全部が体に良い成分ばかりではなく、害も及ぼす成分も入っているからでしょうね。

今はインターネット、テレビなどでこれが良いなんて宣伝を見ると、とても体に良い様な気がしますがはたしてどうなんでしょう・・・

まあ、「病は気から」といいますから、自分がこれは効果あると思って摂取すればある程度は効果が出るかも。でも害になるものが入っていればだめですね。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です