【茅野市観光】レストラン喜多山でまたまたお食事会、1口食べたら壊れたあ~

先月もここで小宴会をしましたが、今月も再び。ここは結構手の込んだお料理。
一般にこう言ったお店は、創作料理と称するところが多い。その時の素材に合わせて創作すると言うのだろうが、世間の良くあるやつ。
創作料理と打てばなんでもいいからねえ・・・

料理は味が勝負だからね。だから、そこの料理人の腕前が前に出ることになる。

はじめにこれが出てきた。もちろん小宴会なので、また夏なので生ビールを飲みながらでお料理を頂きました。
海老の頭のから揚げとちょっとしたものを包んで食べるようだ。

このように乗せ合わせ、口に入れる

とても箸では食べられないので手にとって食べるのですが、なんせあまり固くはできないので、1口食べると、ボロボロと壊れてあとは食べるのに難しくなる。
仕方が無いのでお皿に上に置き、ボロボロと分解されてしまったので箸で食べることに。
まあ、いままでにない組み合わせのお料理だね。

でも、海老の頭は出てきたが、肝心な身の方のお料理は無かったなあ?他のお客さんに出してしまったのかなあ・・・・ちょっと泣き

次は馬刺し。まあ馬刺しはどうのこうのと言うものでなく、私個人的には好きなので、美味しくとなり添えと頂きました。

次はこれ。もろこしを揚げたものです。
こんな風にもろこしを食べたのは初めてすが、味としてはもろこしの甘味と油で揚げた甘味が相まっておいしかったです。

私は料理人ではないので細かいコメントはできません。結果論的にうまかったかとそれだけです。

明太子のスパゲッテイ

味付けご飯

最後のデザート。
しかし、今ではこうしてSNSなどに直ぐに料理がこうだったよ、なんて皆さん掲載されるから料理人も大変ですねえ・・・変なものは作れない。
でもそのお陰て料理人も腕をふるいますから良い事ではないでしょうか?

店内は素敵です。でもちょっと照明が暗いかなあ・・・
雰囲気を出すのに照度落としているのでしょう。

夜は予約しかとらないようで、今夜は我々の他が今1組だけ。
街中のお店と違い、田舎にあるレストランですから、ちょっと隠れ家的に利用する方もいらっしゃるのでは?

今回お料理は運んでいただいたお姉ちゃん。ご馳走様でした。

写真撮影:ドコモ V20 PRO L-01J 店内などは広角側で撮影してます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です