【ウソでは?本当かよ?】錆の上から塗れると言う塗料を塗ってみた・・・(えええ!効果ないじゃん)




テレビなどで宣伝、また量販店の塗料のコーナーに錆の上から塗れる塗料(屋根用かな)と言うのがありますねえ。

実は私、オンボロのトラックを1台所有しておりまして、なんと昭和64年製・・・エンジンはその時代のオートチョーク。

通常はエンジンの調子が良く、いまだに廃車できす、4輪駆動なのでたまに荷物は運んだりする時に使用しているのですが、なんせ、ドアとかが、ボロボロで錆が出てる。

その錆の上から錆てボロボロの部分にも「錆の上から塗れる」と言う塗料が良いのではと思い塗ってみた。

しかし、半年もしたら、余計に中の錆が進んだようで殆どが余計に錆びが広まってだめになった。

これって、本当に屋根に錆のある部分の上から塗って大丈夫?

(塗料のメーカーさんに怒られそう、使用目的が違うとね!)

塗る前はこんなにひどくなかった。

写真はその後の写真です。塗る前の錆はこの半分以下でした。塗った中に水分が溜まって余計に腐食が進行するのではないでしょうか??

塗料の説明の中には錆びの上から塗れると書いてあって、中の錆びは抑えられるとは書いてない。じゃあどんな塗料だって錆びの上から塗れるから同じ事じゃんねえ・・・

やっぱり錆びはちゃんと落としてから上に塗料を塗らないとだめのようです。

同じこと考えた人はやらない方がいい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください