【信州温泉旅情報 長門温泉やすらぎの湯】釜風呂が面白い・・・人気なので制限時間あり・・




仕事であちらこちらに出ることがしばしばあります。 そんな時に温泉好きな私にとっては通り道で温泉が目に入ると時間の許す限り遊んでくることにしています。

随分前から温泉の旅をしてるのですが、今まで信州の温泉、北は飯山から、南は飯田の静岡県の県境の付近まで入ってきました。

こちらの温泉は長門温泉やすらぎの湯、今までもこの道路を通る時に何回かお邪魔しています。 今回もちょっと時間があったのでここに立ち寄り楽しんできました。

玄関を入ると左がフロントでその前(右)が売店。

奥から玄関方面を見る。

奥へ行ってみるとこんな休憩室が・・・広いですねえ・・・

ソファに座ってのんびりと休憩できる場所はあります。

お風呂に向かう途中は色々な展示物があって目を楽しませてくれる。 また勉強にもなります。




ここから温泉に入ります。

通常は温泉グッズが車の中に入っているのですが、先日はお風呂に入った後洗濯をしてそのまま車に乗せるのを忘れてしまったので今回はフロントでタオルを買いました。

お風呂の中へはカメラを持ち込むわけにはいきません。 この写真は他の方が撮った写真を借用させていただきました。 露天風呂の様子です。

ここの長門温泉やすらぎの湯の目玉と言うか釜風呂。 この風呂は一人しか入れないので時間制限があると看板に書いてありました。 私がお風呂に入った時はどなたかが一人が入っていて入れませんでしたが、しばらくすると出て行ったので私もこのお風呂を堪能させていただきました。

まあ釜風呂だから、温泉が別にどうとかこうとかということではないですが、ただ普通の浴槽と変わってるから楽しみで入るんですよね。

こちらの写真も中にはカメラを入れることができないので他の方が撮った写真を借用させていただきました。

お風呂にのんびり入って出てきたら喉が乾いたので、なにかないかと飲み物を物色。 美味しそうな飲むヨーグルトがあったのでこれにすることにした。

これは長門牧場の飲むヨーグルトなんだ。 地元産ですね。 ちょっと値段が高いヨーグルトです。 でもこれを飲んで喉を潤しました。

帰りにこのフロントの前の売店で美味しそうなパンを見つけたので、ちょっと小腹がすいたときに食べようと思って買ってきました。 しかし残念ながら食べてみるとちょっといまいちでした。 (私にとってです)

まあ世間は歩いていると時々衝動買いで色々な物を買いますが時々ハズレがありますね。

今日も楽しくのんびりと温泉に入らさせていただきました。
これも一つの幸せかな。

 

【信州佐久観光情報 日帰り温泉の旅】のぞみサンピア佐久の日帰り温泉に入ってきました。 景色が良かった。





仕事であちらこちら出かけることが多いのですが、時間のある時に温泉に入ってくることもしばしばあります。

今回は佐久市の浅科地域にある温泉施設、「のぞみサンピア佐久」さんにお邪魔して温泉に入ってきました。

ここは日帰り温泉ばかりでなく宿泊施設もあるようです。

建物は近代的な建物だ。

玄関から中に入るとロビーはこんな感じでありました。 ここで温泉のチケットを買うのかと聞いてみたらここではなくお風呂は3階にあるようです。

フロントから奥に進むとソファーがいっぱいあり、ここでゆっくりと休む事ができるようになっている。 そしてその窓ガラスの向こうには浅間山がよく見える。

エレベーターで3階に上がるとそこには日帰り温泉用のフロントがある。 まずは自動販売機で入浴券を500円で買い、そしてフロントにそれを出してお風呂へ向かう。

今回私は急に立ち寄ったのでタオルの持参がないので、これを自動販売機でレンタル料金を払う。 料金は100円でした。

さすがに3階ともなると見晴らしが良く、脱衣場からはこのように遠くには浅間山、そしてその手前には佐久の街が良く見える。 ここでは素晴らしい景色が楽しめる。

お風呂の中に誰もいなければカメラも持ち込むことができるのですが、何人かのお客様が入っているので今回はカメラを持ち込むことができない。 諦めて入り口だけをちょっと撮影。

こちらの写真は私が撮った写真ではなく他の方が撮った写真です。 お風呂の中からも浅間山がよく見え大変素晴らしい景色でした。

また露天風呂もあり大変気持ち良く入れる温泉です。

施設の中には休憩場所があり、ここで食事をしたりのんびりすることができる。

ちょっと喉が渇いたので、そしてまだ多少時間の余裕があったのでソフトクリームを食べることにしました。

お風呂から出て、再びエレベーターに乗り1階に下りて、フロアを散策しているとそこにパイプオルガンらしきものを発見。 ここでは パイプオルガンを使った演奏会などがあるのでしょうか? と思いながらよくよく見ると何か少しおかしい。

ちょうど、ここのスタッフが通りかかったので聞いてみたらこれは本物のパイプオルガンではなくパイプオルガンもどきのようだ。

上についているパイプはどうも飾りのようだ。 こんなオルガンもあるんだ。

今回のレポートのトップページにある女性が温泉に入っている写真は今回の内容とは全く関係がありません。 イメージ画像です。 ご了解ください。

今回も楽しく温泉の旅をさせていただきました。